あねいもNeo 〜Second Sisters〜 

アドベンチャー レビューあり
あねいもNeo 〜Second Sisters〜 bootUP!
カテゴリー
PCゲーム/美少女ゲーム
作品形式
アドベンチャー
ブランド
bootUP!
ジャンル
アドベンチャー学園巨乳・爆乳恋愛
シリーズ
あねいも
作品テーマ
NEO姉妹LOVEエロADV
原画家
東雲一彦
シナリオ
長野ヒロユキ
声優
遠野そよぎ木村あやか一色ヒカル野神奈々楠鈴音平山紗弥岬友美
ボイス
フルボイス
ファイルサイズ
2.03 GB
配信開始日
2013年02月21日

あねいも シリーズ詳細

すべてのLOVEエロゲーのオリジン! あのLOVEエロアドベンチャーが装いも新たに帰ってきた! 新たなる姉妹とのLOVEエロな物語が再び動き始める。

サンプル画像

あらすじ

真面目で優等生。そして、しっかり者の姉――“舞”。いつもニコニコ、愛らしくて甘えん坊の妹――“七菜”。しかし、その姉妹と主人公である“四郎”の間に血の繋がりはない。二人は今から7年前、両親をなくしたのをきっかけに出来た義理の姉妹だった。突然出来た姉と妹――新しい家族に戸惑いを覚える四郎だったが、姉妹と差別することなく本当の息子のように優しく、包み込むように愛情を注いでくれる“桜”のおかげで、新しい家族にうち解けていく。それから数年――義理の父であった“秀一”が事故死してしまう。突然の不幸に呆然とする四郎、そして姉妹。しかし、桜は家族の大黒柱を失ったにも関わらず、気丈に振る舞い、家族を支えていく。そして現在――血のつながりはないけれど、四郎は3人の母娘とお互いに助け合いながら家族としてずっと生活してきた。

だがある日、四郎は十河神社の神主を務める“陸奥高富”ら、自分を引き取りたいという人物――四郎の叔母“最上佐和子”を紹介される。佐和子は四郎に自分の家に来ないか? と提案する。そんな佐和子の提案に四郎は答えを保留する。――本音はひとつ「今の家族の元を別れたくない」。そんな折りに、桜が四郎を大学へ入学させる為に、土日にパートとして働こうとしていることを高富から聞かされる。

その話を聞いて四郎が出した答えはひとつ――自分が佐和子の元に行くこと……。何度も考え抜いた結果、四郎は日向家から自立することを決める。そして、そのことを桜を始め、舞、七菜たちに伝えるのだった。

四郎が家を出ていく。家族でなくなる――戸惑いを隠せない桜と舞。そして猛反対し、泣きながら家を飛び出してしまう七菜。七菜を追って説得するも七菜は譲らない。困り果てた四郎の前に、偶然、その場に居合わせた佐和子が現れる。佐和子はそのまま四郎に案内され日向家に赴き、3人に改めて事情を説明。そして夏休み前まで自分の元に来るか、日向家に残るか――よく考えて決断して欲しいと四郎に提案する。ただ、ひとつ……自分を日向家で生活させて欲しいという条件を付けて。

いきなりの提案に戸惑うものの、他に選択肢があるわけもなく、佐和子の提案を受け入れ、しばらくの間、一緒に生活することに……。

佐和子が呈示した期限は、夏休み開始までの約20日間――その日をきっかけに、少しずつ、姉妹との関係に変化が現れてくる。家族としての気持ちとは別の気持ち――秘めていた想い――3人の間で様々な気持ちが交錯する中、舞と七菜……姉妹との関係は少しずつ変化を迎えていき、そして――。

家族愛から恋へ――
恋から愛へ――

恋愛物語の末に、ようやく掴むことは出来た『彼女』との新しい絆。
それは、今までとは全く違う形へと変化……いや、進化していく。

姉でも妹でもない。
生涯を誓う合うパートナーとなった『彼女』と、互いの想い、存在を確かめ合うように、毎日のように身体を重ね、求め合い、情熱的に愛し合う。

『あなたのことが大好きだから、どんなことでもしてあげられる』

無限大の愛と欲望――
LOVEエロの起源である「あねいも」シリーズ最新作が満をきたして、ここに誕生!!

作品概要

しっかりと存在感のある魅力的なヒロイン――たっぷり興奮できる濃厚なエッチ――その両方を合わせ持った「LOVEエロ」というジャンルを確立した名作「あねいも」が、驚くほどにパワーアップしたフルリメイクで新登場! 前作とは質、ボリューム共に圧倒的に強化され、メインヒロインの姉妹の他に母、叔母、上級生、同級生など、女性キャラも増加! もちろんエッチのバリエーションもモリモリ増えて、前作で要望の高かった姉妹との3Pシナリオも標準で実装されたぞ!
魅力的なヒロインとのイチャイチャラブラブ、そして激しい獣のようなセックスを愉しめる「LOVEエロゲー」のコンセプトは健在! 恥じらいを持ちつつも、大好きなアナタの為ならと、献身的に尽くしてくれる……そんな女の子たちとのフェラやパイズリに膣内挿入……基本的な性行為はもちろんのこと、アナル性交、子宮内性交、放尿プレイ、妊婦セックスも過去シリーズと同じく完備!
さらにお楽しみの要素なのは“エッチのステップアップシステム”の復活だ。キスから始まり、愛撫、初体験――そして強く惹かれ合う二人は毎晩のように身体を重ね合っていく――彼女とのエッチの回数をこなすことで、その内容はより濃厚なものへと進化! 初々しいノーマルなセックスから始まり、マニアックな奉仕、破廉恥な道具を使った特殊プレイ等々……より激しい行為とステップアップしていく! 無論、業界内で最高峰と言われるピロートークシーン『アフタートーク』もしっかり搭載されており、ヒロインとのラブラブ&イチャイチャな時間をじっくり楽しめるぞ!
そして、一部エッチシーンにはシチュエーションそのものにステップレベルを設けた「NEO-LOVEエロシステム」も導入! 奉仕系のエッチシーンを中心にプレイすると、主人公=ご奉仕されるのが好きとヒロインが認識。より激しい奉仕が発生する! お好みのヤリかたでアナタ好みの色に彼女を染めてあげよう!

キャラクター紹介

日向舞(CV:遠野そよぎ)
身長:161cm、スリーサイズ:B87(D)/W56/H91

主人公の義姉で八鐘学園3年生。
成績は常に学年でベスト3に入るレベルで、
水泳部でもエースとして活躍していた。
生真面目な所があり、微妙に近寄りがたい雰囲気を醸し出しているが、
根はとても優しく面倒見の良い性格をしている。
先生、後輩からの人望も高く、水泳部部に所属していた時は副部長として活躍していたが、
夏の大会を持って事実上引退。
しかし、義理堅く面倒見の良い性格ということもあり、
後輩指導を兼ねて、放課後は水泳部に顔を出している。
容姿端麗、成績優秀、水泳部のエースということから、
男子からの人気は抜群であるが、恋愛ごとはかなり苦手であり、ついつい身構えた態度を取ってしまう。
男子は苦手で恋愛ごとは超奥手な舞だが、
義弟である主人公の前では、飾ることのない本来の自分で接することが出来ている。
日向七菜(CV:木村あやか)
身長:154cm、スリーサイズ:B92(F)/W62/H88

主人公の義妹で八鐘学園1年生。
天真爛漫、ちょっとだけのんびり屋さんな性格。どんな時も笑顔を絶やさず、
ニコニコしていてとても可愛らしい女の子。
反面、童顔に似合わないグラマラスな身体……
特にサイズ90を超えている巨乳(Fカップ程度)は目立ちまくりで、
一部の男子学生には大人気である。
しかし、七菜本人は、スタイル抜群の姉に対して、
ぽっちゃり気味の自身の体型を結構気にしている。
とはいえ、育ち盛りということもあり食欲は旺盛で、甘い物には特に目が無い。
幼い頃から主人公である四郎のことを兄として慕い、甘え、そして頼ってきた。
それは今も変わることなく、家はもちろん、八鐘学園の中でも人目もはばからず甘えてくる。
七菜に甘えられることは嬉しいが、
発育が良すぎるその身体には主人公である四郎も少々……いや、かなり困っている様子。
日向桜(CV:一色ヒカル)
身長:158cm、スリーサイズ:B100(I)/W65/H91

舞と七菜の母親で、主人公の義母に当たる女性。
おっとりした性格だが、芯はとても強く、大和撫子の鏡のような存在。
優しく母性に溢れた性格で、自分の娘と全く同じように四郎に対して『母親』として接している。
彼女の何もかも包み込んでくれるような温かな優しさの前に、
新しい家族に戸惑いを感じていた四郎も心を開き、
桜のことを『母さん』と呼ぶようになった。
年齢を感じさせないほど若作りで、
20歳台半ば……主人公の姉に思われることも多々あるほどである。
実際、主人公達への接し方も母親というよりもお姉さん的な所もあり、
母親でありながらも頼れる年上のお姉さんといった雰囲気を持っている。
最上佐和子(CV:野神奈々)
身長:165cm、スリーサイズ:B95(H)/W57/H89

四郎の母である古鷹(最上)理恵子のの妹で四郎の叔母にあたる。
甥っ子である四郎とは当然、面識があり、幼い頃から気に入っていた(幼かった四郎は覚えていない)。
そんなことから7年前、四郎の両親が死亡した際には、
学生の身分ながら四郎の受け入れを前向きに検討するも、
両親ならびに親戚の猛反対にあってその願いは叶わなかった。
大学卒業後、実家を出て有名デザイナー会社に就職。
その後、自らデザインスタジオを起こし、SAWAKOブランドを確立。
SAWAKOブランドは若い女性を中心にブームとなり事業として大成功を収め、
社会的地位と財力を得た。
そのことをきっかけに昔、果たせなかった夢――四郎を引き取ることを決意。
現在、陸奥高富を介して、四郎との面接、そして引き取りを申し出た。
その容姿は端麗の一言で、ナイスバディの持ち主。そのため、デザイナーの仕事をしつつ、
一時は自分自身もモデルとしても活躍していた時期もあった。
高天玲子(CV:楠鈴音)
身長:165cm、スリーサイズ:B87(D)/W55/H83

学生会副会長で舞の親友。
十河地方の名門、高天家の令嬢で日本を代表する世界的名家である霧島家の遠縁にあたる。
腰を超えるロングの髪の毛が特徴の絵に描いたような美しい女性。
だが、とてもフランクな性格で、お嬢様ぶった態度や仕草を感じさせない馴染みやすいタイプ。
悪戯好きで茶目っ気があり、生真面目な舞をよく弄って遊んでいる。
だが学力レベルは極めて高く、
代々学園の学生会の会長は男子であるべしという理由から副会長となっているが、
実質的に学生会副会長である玲子が学生会を運営している。
男女の誰もが認めざる得ない美しい容姿の持ち主だが、
その出自、そして独特のオーラからか、言い寄ってくる男子は案外と少ない。
それでも年に何人かの男子が挑んでいったが、ことごとく丁寧にお断りをされ、予想通りに玉砕している。
引き締まったウェストなど、全体的にスリムなモデル体型だが、Dカップのバストは十分に巨乳系と言える。
舞とは一年の時に同じクラスになり、それ以後、ずっと仲良くしている。
足柄葉月(CV:平山紗弥)
身長:161cm、スリーサイズ:B81(C)/W56/H87

舞から水泳部の部長の座を引き継いだ部の後輩で主人公のクラスメイト。
主人公宅から非常に近い場所……道路を挟んで真向かいの家に済んでいる。
先輩であり元部長である舞のことを、とても尊敬し、慕っている。
その泳ぎはダイナミックで水泳部期待のホープではあるが、
総合力ではまだまだ舞には及ばない。
勝ち気な性格でショートカットの髪型がよく似合う。
非常で前向きかつ積極性な部分があり、舞のことを慕い尊敬はしているが、
同時に絶対に超えなくてはいけない壁であると思っている。
ただし、その積極性が焦りになっている部分もあり、最近は伸び悩んでいるらしい。
水泳で日々鍛えていることもあり、プロポーションはなかなか良く、男子からの人気も高い。
しかし、それ以上に女子からの人気が高く、女子からラブレターのようなものをよく貰っている。
そのことを四郎に指摘され、からかわれることが多い。そんな四郎に対して、
舞に世話を焼かせてばかりいることを理由に容赦の無い攻撃をしてくることが多い。
藤堂高美(CV:岬友美)
身長:170cm、スリーサイズ:B88(E)W53H83

四郎の家の近くにある古流の柔術を教える藤堂武道館の師範代。
藤堂流はかなり格式ある古流柔術の宗家であり、
高美自身、父から一子相伝で世襲されており道場で門下生の指導に当たっている。
四郎の母、桜とは仲が良く、桜の相談に乗ったり、乗ってもらったりする間柄である。
そんな桜に頼まれたことと、四郎から独特のセンスを感じ取った高美は、
四郎の師匠として厳しく四郎を鍛え上げてきた。
そんなころもあり、四郎は高美にはまったく頭が上がらない。
本来は師範である父と一緒に稽古をつけるのだが、
父がかなり重度の腰痛症を患ってからは、
師範代である高美ひとりで門下生に稽古をつけている状態が続いている。
護身の極みを掲げる藤堂流の流儀を頑なに守り続け、
武術の研究ということで、剣術なども習っていて、己の技に日々、磨きをかけている。
武道家で鍛錬を日々続けているせいで、程よく筋肉がついた引き締まった肉体をしているが、
バストはかなり大きく88のEカップと桜には劣るものの、なかなかのものである。

作品詳細情報

審査団体

倫理協会
ソフ倫
受理番号
0005581D

動作環境

必須 CPU
PentiumIII 800MHz
推奨 CPU
Pentium4 1.3GHz
必須メモリ
256MB
推奨メモリ
512MB
必須解像度
800×600
必須色数
フルカラー
音源
WAVE
DirectX
9以降
備考
VRAM 必須:32MB 推奨:128MB

この作品のご購入

このブランドの作品一覧

ハッピーハロウィンCP

カテゴリーメニュー

  • 体験版リスト
  • 値引きセール一覧
    美少女スカイスクレイパー左@
    美少女スカイスクレイパー左A