PrincessEvangile〜プリンセスエヴァンジール〜 Wハピネス 

アドベンチャー ファンディスク レビューあり
PrincessEvangile〜プリンセスエヴァンジール〜 Wハピネス MOONSTONE
カテゴリー
PCゲーム/美少女ゲーム
作品形式
アドベンチャー/ファンディスク
ブランド
MOONSTONE
ジャンル
アドベンチャーファンディスク学園コメディ幼馴染お嬢様女子校生恋愛
シリーズ
PrincessEvangile
作品テーマ
学園恋愛ADV
原画家
やまかぜ嵐彩季なお
シナリオ
声優
サトウユキ水霧けいと遠野そよぎ吉川華生藤森ゆき奈中家志穂鈴音華月上田朱音香澄りょう
ボイス
あり(主人公以外フルボイス)
ファイルサイズ
4.07 GB
配信開始日
2013年02月15日

PrincessEvangile シリーズ詳細

パソコンやPSPでも快進撃を続けている「PrincessEvangile」の新作が登場! あのヒロイン達とのアフターストーリー! さらにサブヒロインにもスポットをあてたアナザーストーリーを収録!

サンプル画像

新たな福音(エヴァンジール)──9つの恋の物語

ひょんな事から“私立ヴァンセンヌ女学園”にサンプルとして入学することになった主人公。女子校にたった一人の男子である主人公に、いくつもの難関が次々と襲いかかる。果たして主人公は、生粋のお嬢様──Filles de la Vincennes(ヴァンセンヌの乙女たち)に受け入れられるのか!?  パソコンやPSPでも快進撃を続けている「PrincessEvangile」の新作が登場! あのヒロイン達とのアフターストーリー! さらにサブヒロインにもスポットをあてたアナザーストーリーを収録!

主人公を受け入れ、それぞれの未来を見つけていった理瀬、律子、綾佳、千帆の
“その後”を描いた、それぞれの『アフターストーリー』。

学園生活を共にしていく、上宮城瑠璃子、柳瀬このみ、野木民恵、目加田美月、妙義摩理香
それぞれとの恋の物語を描いた『アナザーストーリー』。

それぞれの思いを綴った9つの新しい恋の物語。

今回ついに9人全員攻略可能に!
さらに「PrincessEvangile」本編をやっていなくても楽しめる親切設計!
お話の共通部分を収録する事により、本編をやっていなくてもストーリーを楽しめる!

“その後”を描いた、それぞれの『アフターストーリー』。

【理瀬アフター】
共学化が決定し、無事学園に残れることになった主人公。
ホッとしたのもつかの間、二人は、3年生になっても同じクラスになれるかどうかが
心配になってきてしまう。
悪い予感は的中して、二人は別々のクラスに。
どうしても一緒のクラスがいい──理事長にそう頼み込むと、
理事長は代わりに一つの仕事を命じてくるのだった。

【千帆アフターあらすじ】
学園生活最後の夏。
陸上部に所属する千帆は、全国大会を目指して、部活動に打ち込んでいく。
が、このところタイムが伸び悩んでいるという。
心配した主人公が話を聞いてみると、その理由というのが、
実に意外なような、あるいはそうでもないようなもので……。
「……最近、胸がおっきくなってきちゃって……」
それって、主人公のせい?

【律子アフター】
主人公に、年の離れた異父兄弟が誕生した。
めでたいことではあるものの、なんとなく複雑な心境になってしまう主人公。
そんな主人公を律子が元気づけてくれる。
なんと、チアガールの衣装を着て。
たった一人だけに向けたチアリーディングに、主人公は色んな意味で
頑張ってしまうのだった。

【綾佳アフターあらすじ】
一足先に卒業してしまった綾佳。
なかなか会えずに寂しい日々を送っていたのだが、
ゴールデンウイークに久しぶりに顔を合わせることができる。
綾佳は、学園にいる間は“籠の中の鳥”のようだったからと、
バイトを始めていた。
働く綾佳の姿を見て、少し大人っぽくなったと感じる主人公だった。

“それぞれ”との恋の物語を描いた『アナザーストーリー』。

【このみアナザー】
主人公はひょんなことから、薙刀部の練習に参加することになる。
このみは部長として部員たちをしっかり指導していて、
普段とは違うその凛とした姿に、主人公はすっかり惹かれてしまう。
部活動を通じて二人の仲は徐々に深まっていくが、一つだけ問題があった。
それは──このみには、男女関係やエッチなことの知識が、
まったく欠けているということ。

【瑠璃子アナザー】
ある朝ふと目覚めると、いつも一緒に寝ているパンターベルの姿がない。
そんなことが数日続いて、瑠璃子はすっかり心配になってしまう。
いったい、どこに出かけているのか……?
瑠璃子から相談を受けた主人公は、瑠璃子と二人で、パンターベルの
行方を追うことにするのだった。

【美月アナザー】
尊敬する摩理香を救ってくれたことから、美月は主人公に対して
ほのかな恋心を抱く。
だが、これまで男嫌いで通してきたこともあり、そんな心情を素直に出すことは、
美月には到底できない相談だった。
それで悩んでしまう美月。
夏休みに入って、美月は主人公に宿題を教えてあげることになる。
そうして、二人の距離は少しずつ縮まっていくのだった。

【民恵アナザー】
夏休み、カメラ好きの民恵は、津々浦々の写真を撮ろうと、
全国を縦断するという無茶な旅行を計画する。
何故かそれに付き合わされることになる主人公。
だが、その旅行を通じて、二人は急接近することに。
とてもいい雰囲気にまでなるのだが……そこで事故が起こってしまう。
結果、なんと、民恵は記憶喪失になってしまうのだった。

【摩理香アナザー】
摩理香はこれまで“尊敬される生徒会長”という姿を演じてきた。
そうした自分を疑問に思ったこともなかったのに、主人公を好きになったことで、
その自信が揺らいでしまう。
なぜなら、仮面を被ったままで、誰かを好きになることはできないから。
摩理香は素顔をさらして、主人公と向き合うことを決意するのだった。

キャラクター紹介

瓏仙院理瀬(CV:サトウユキ)
学園の理事長の孫。
改革派の急先鋒。というより、現時点では、生徒の中に改革派は彼女一人しかいない。
一名、Soleil D'Ecole(学園の太陽)。
その名が示すとおり、ヴァンセンヌでは一目置かれた存在である。
学園で抜群の人気を誇るが、その開明的な物事の考え方から、
少し近寄りがたい存在とも思われている。そうした意味でも、まさに“太陽”なのだった。
主人公と出会い、「この人なら」と留学を打診した。
本人は、「やっぱりあたしって見る目があるわ」などと喜んでいる。

【アフター】
「アフター」では生徒会長に就任している。
ちょっと変わり者の彼女が、生徒会長になった落ち着いたか……
といえばそんなこともなく、良くも悪くも自己流を貫いている。
北御門律子(CV:遠野そよぎ)
校長の娘。
一名はBelle Epine(うるわしき棘)。
近寄りがたい雰囲気と抜群の容姿から、そんな一名が付けられた。
白百合会の理瀬が会頭に就任して“共学”を旗印にしたことから、
「理瀬に対抗できるのは律子しかいない」と、紅薔薇会の会頭に担ぎ上げられた。
本来、会頭職は2年生の仕事であり、1年生ながら抜擢されてしまったことを、
律子は少し気に病んでいる。それは、規則や慣習から逸脱することを嫌うためだった。
だが律子自身、共学には大反対だった。
それはやはり、規則を変えることを嫌うからで、べつに男子が嫌いというわけではない。
好きも嫌いもなく、完全に無関心。自分とは無縁の存在と思っている。
律子の会頭就任を機に、紅薔薇会は“女子校の維持”を公約に掲げることになる。
綾佳の妹。

【アフター】
本編ではクールな印象のあった律子だが、主人公と結ばれてからは印象がすっかり様変わりしている。
クールどころかお熱い女の子になった、ともっぱらの評判。
北御門綾佳(CV:吉川華生)
律子の姉。
“ヴァンセンヌの乙女”にはめずらしく、くだけてさばけた性格。
異色のキャラクターであり、周囲からも変わり者として見られている。
美人でスタイルもいいのに一名を持っていないのは、そのためだった。
一名の代わりに、「北御門さまの妹さんではない方」などと言われたりする。
傾向としては改革派だが、来年には卒業ということもあり、あまり興味がない。
だが主人公に対しては興味津々。何かとからかい混じりのアプローチを仕掛けてくることになる。
妹の律子からは何かとお説教をされているが、柳に風と受け流している。
だが根っこのところでは妹のことを愛している。

【アフター】
アフターでは綾佳は“ヴァンセンヌ女子大”へと進学している。
従って主人公とは離れて暮らしているが、自分なりの生活を楽しもうと、
今まで一度もやったことのないこと、即ちアルバイトにチャレンジしている。
鷺澤千帆(CV:水霧けいと)
主人公の幼馴染。
ヴァンセンヌ女学園という、互いにとって意外な場所で、1年ぶりの再会を果たすことになる。
ヴァンセンヌは前期・中期・後期の3課程からなっており、千帆は後期課程から入学した。
「1に前期、2に前期、3・4がなくて、5に中期」といわれるほど、早くに入学した人が上に見られる。
そんな校風のせいで、千帆は学園内では目立たない存在だった。
生徒たちが好んで付ける一名も持っていない。
前期から入っていれば人気者になったことは想像に難くないが、
本人はとくに気にはしていなかった。
主人公と再会できて、千帆は飛び上がりたいほど喜んだ。
だがそんな内心とは裏腹に、主人公に対して辛く当たる。
離ればなれになっていた間に、何か誤解が生じてしまったようなのだが……。

【アフター】
本編では白百合会の一員として頑張っていた千帆だが、
無事主人公が学園に残れることになったことから、
今は陸上部の活動に力を入れている。全国大会で入賞するのが目標。
上宮城瑠璃子(CV:中家志穂)
学園きってのお嬢様。国内有数の財閥、“上宮城グループ”の一粒種。
噂によると、実家に帰省の際、外出には必ずボディーガードが付きそうという。
そのためか、世間の常識に関して少しうといところがある。
“純粋培養”という言葉が珍しくもないヴァンセンヌだが、
瑠璃子は中でも際だっていた。その人柄の良さから、学園の人気者。
一名を、Bijou Bleu(瑠璃色の宝石)。
誰に対しても分け隔て無く接するため、周りは避けがちな千帆とも仲が良い。
ペットのパンターベルといつも一緒にいる。

【アナザー】
本編で婚約者とのイザコザから救ってくれて以来、
瑠璃子は主人公に対してほのかに恋心を抱いていた。
夏休み、二人で湖に遊びに行って、溺れたところを助けてもらったことで、
心の奥底の恋心が一気に表面化する。
柳瀬このみ(CV:藤森ゆき奈)
律子の“姉妹”を自称しているが、律子のほうにあまりその気はない。
(“姉妹”とは学園において特別に仲良しの二人ということ)
主人公に対しては、「お姉さまのカタキ」と対抗意識を燃やす。
律子が現状維持を志向している以上、改革の象徴でもある主人公は、
打ち倒すべき敵でしかないのだ。
だがそれを抜きにすれば、主人公に対して特に悪感情は抱いていない。
悪感情こそないのだが、そもそも男子に対してまったく免疫がなく、
極端に奥手のため、面と向かってはまともにしゃべれもしない。
恥ずかしがって保健体育の授業もまともに聞かないため、いまだに、
「10秒見つめ合ったら赤ちゃんができる」などと思いこんでいる。
一名を、Mignon Poupee(愛らしいお人形さん)。
色んな意味で余計な力が入っている女の子。

【アナザー】
薙刀部の部長として、このみは夏の大会に向けて日々稽古を積んでいた。
ある日、主人公がふと部活の場に顔を見せて、それ以来、二人の距離が縮まっていくことに。
野木民恵(CV:上田朱音)
報道部のエース。
学園内の出来事を報道することに命をかけていて、カメラ、マイク、レコーダーという、
本人曰く、三位一体セットを必ず携行している。

【アナザー】
いつもマイペースの民恵。
ある意味恋愛から最も遠いところにいたキャラクターだが、
主人公と一緒に旅行に出かけたことで、主人公のことを一人の男子として
意識するようになる。
目加田美月(CV:鈴音華月)
理瀬の親友。……だったのだが、現在は微妙に疎遠な間柄となっている。
一名をChef De Corps(親衛隊長)。
生徒会長である摩理香と“姉妹”の間柄であることから、そんな一名が付けられた。
紅薔薇会の役員であり、通常であれば会頭に就任するはずだった。
が、強引に律子に譲ってしまった。
下級生の律子のほうが人気が高いことを認めるだけの度量の広さがあるともいえるが、
それだけ、共学なんてもってのほかと思っているということでもある。

【アナザー】
最初は「男なんて……」と思っていた美月だが、主人公との交流を通じて、
反発心も次第に和らいでいく。
とはいえ、今まで冷たく当たったこともあり、なかなか素直になれないのだった。
妙義摩理香(CV:香澄りょう)
生徒会長。La Toute Soeur(みんなのお姉さま)。
学園きっての美貌と才媛ぶりで、絶大な人気を誇る。
前の生徒会長選では、無投票で摩理香が選出された。
つまり、摩理香の人気の前に、他の候補者が出なかったのである。
おっとりとした性格で、いきなりやって来た男子である主人公にも、
柔らかく接してくれる。

【アナザー】
摩理香は生徒会長としての振る舞いを常に意識していた。
いわば素顔の上にいつも仮面を被っていた。
摩理香は生まれて初めて恋心を知ったことで、
いつまでも仮面を被っていては駄目だ……と思うようになる。
素顔をさらすことなしに、心を通わせることは出来ないはずだから。

作品詳細情報

審査団体

倫理協会
ソフ倫
受理番号
0005480D

動作環境

必須 CPU
PentiumIII 800MHz
推奨 CPU
Pentium4 1.7GHz以上
必須メモリ
256MB(Vista/7の場合512MB)
推奨メモリ
512MB以上(Vista/7の場合1.0GB以上)
必須解像度
1024×600
音源
PCM
備考
VRAM:32MB必須、128MB以上推奨

この作品のご購入

このブランドの作品一覧

クーポン

カテゴリーメニュー

  • 体験版リスト
  • 値引きセール一覧
    美少女スカイスクレイパー左@
    美少女スカイスクレイパー左A