古色迷宮輪舞曲 

アドベンチャー レビューあり 体験版デモムービー
古色迷宮輪舞曲 Yatagarasu
カテゴリー
PCゲーム/美少女ゲーム
作品形式
アドベンチャー
ブランド
Yatagarasu
ジャンル
アドベンチャーファンタジーミステリー
作品テーマ
運命操作ADV
原画家
稲垣みいこ雪月竹馬たぢまよしかづ
シナリオ
西村悠一坂元星日
声優
藤森ゆき奈鈴音華月上田朱音秋野花
ボイス
フルボイス(男性のみパートボイス)
ファイルサイズ
1.29 GB
配信開始日
2012年12月07日

「あえて言わせてもらうならば――《悲劇》 へようこそ、だ」 ――毎回こだわりのシステムでゲーマー魂に火をつける“Yatagarasu”が描く、紅茶と童話になぞらえた寓話的ミステリー!

サンプル画像

あらすじ

閑静な住宅街の一角に佇む喫茶店『紅茶館・童話の森』。絵本や童話、壁掛けオルゴールなどが並ぶアンティークな店内。紅茶の優しい香りと、俗世離れした女性店主が訪れる客を迎える。主人公・名波行人は不思議な既視感に誘われるまま、喫茶店でアルバイトを始めた――。その日、店に大きな木箱が届く。木箱に入っていたのは、大量のウサギのぬいぐるみ……そして、銀色の髪に紅い瞳をした不思議な少女だった。サキと名乗った少女は行人に伝える。

『《運命の輪》が狂っていること』
『一週間後、行人には《死》が約束されていること』
『行人に近しい人間には《不幸》が訪れること』


サキの言葉通り、行人を中心に次々と不幸が訪れる。半信半疑ながらも、行人は彼女を信じるようになっていく。

『助かる方法は、狂った《運命の輪》を元に戻すこと』

そんな彼らに残された日は、たった一週間。

「あえて言わせてもらうならば――《悲劇》へようこそ、だ」

作品概要

主人公・名波行人が『紅茶館・童話の森』でアルバイトを始めた日、店に大きな木箱が届く。木箱に入っていたのは、大量のウサギのぬいぐるみ、そして、銀色の髪に紅い瞳をした少女だった――毎回こだわりのシステムでゲーマー魂に火をつける“Yatagarasu”が描く、紅茶と童話になぞらえた寓話的ミステリー! 本作には選択肢が存在せず、特定の「言葉(キーワード)」を登場人物に“投げかける”ことで謎をひも解いていく。主人公には「運命量」という特殊なパラメータが設定されており、「言葉(キーワード)」を投げかけることでこの数値が増減。ゼロになる事はすなわち死を意味する。プレイヤーは謎を解こうとするほど死に近づく緊迫感を味わうことになるぞ。また、本作ではセーブ機能が存在せず、推理の進度は「フローマップ」と呼ばれる、これまた特殊な機能で管理されている。主人公は運命量を使用して、フローマップ内に表示されている「一度見たことのあるイベント」上に移動が可能。さらなる分岐を探したり、言葉を探したりすることができる。普通のAVGとは違う、独特の世界、システムで、アナタの推理を働かせろ!

キャラクター紹介

サキ(CV:藤森ゆき奈)
胡散臭い半眼、外見に不相応な要素(異様に老成しているなど)
主人公・行人に運命のことを知らせる要員となる。
自分が何者で、どこでそのことを知ったのか、記憶は曖昧。
運命の輪が元に戻れば、記憶を思い出すと思っており、
主人公をそのように導く。
ふしぎの国へ誘うキーパーソンということで、
ウサギをイメージさせる服装+懐中時計をぶら下げている。
異世界の住民や妖精などファンタジーなものを連想させる外見。
持っているウサギのぬいぐるみが喋る。
ややシニカルな紳士、敬語口調で淡々と話す。声は渋い。

「フンッ、愚図は愚図だろう。輪を戻すため、蟻のようにせっせと働け」
姫野 美月(CV:鈴音華月)
知り合えば、気の良い先輩キャラ。ただしキレると怖い。
愛煙家である。
双子の妹を異常なまで溺愛している。
主人公と同じ店でバイトしており、バイト歴は長い。
気さくな性格で愛想は良い。
一度運命を変えている。
過去を改変した時の記憶を引き継いでいる。(同じ記憶が二つある)
過去へ戻ることの危険性を訴える。
過去改変のため、保持している運命量は少ない。

「くどいようだけど、私はシスコンじゃない。美星が好きなだけ。だって可愛いし」
相羽 和泰(CV:上田朱音)
中途半端な才女。
理詰めで物を考えようとするが、それが原因でよく失敗する。
喫茶店の常連で隅っこで勉強している。学園一の秀才。
主人公とは同性の友達のような感覚。親友。
恋心を意識したこともない
これからも意識することがないことを前提に親友関係を続けている。
内面は根暗で自分のことがあまり好きではない。
言いたいことをハッキリ言いすぎるため、同年代の友達が少ない。
考えを整理する時、メモを取る癖がある、アナログ派。
喰う気を読み過ぎて不幸になっていくタイプ。
運命量の関係でよく死ぬ。

「読書は時間の節約になるのよ。
暇つぶしに見えるなら、名波の底も知れたものね」
桐原 一葉(CV:秋野 華)
和泰と仲が良く、勉強をよく見てもらっている。
礼儀正しく人懐っこいが、猪突猛進なところがあり空気を読めない。
いわゆるトラブルメーカー。
意外と頑固で一度泣き出すと止まらない。
味にうるさい一面もある。
サキのパシリに成り下がっている時もある。(本人は気づいていない

何故か友人関係がなりたっている)
ドール(球体関節人形)が好きで、ドール服などを自作している。
サキに懐いている理由はドールのようだから。
手先が主人公、行人以上に器用。
店で売っている童話のファンで店長に憧れている。

「店長さんの――大っ、大ファンですよっ!
出版されてる本なら、ほぼそらで言えますっ!」

動作環境

必須 CPU
Pentium4 2.0GHz
推奨 CPU
Pentium4 2.7GHz
必須HDD
4GB
必須解像度
1280×720
DirectX
DirectX9.0c
備考
VRAM 必須:256MB

この作品のご購入

このブランドの作品一覧

ミンク25周年1
peassoft

カテゴリーメニュー

  • 体験版リスト
  • 値引きセール一覧
    美少女スカイスクレイパー左@
    美少女スカイスクレイパー左A