床屋のおばちゃん 〜丘の上のバーバー〜 

アドベンチャー レビューあり
床屋のおばちゃん 〜丘の上のバーバー〜 Guilty eX
カテゴリー
PCゲーム/美少女ゲーム
作品形式
アドベンチャー
ブランド
Guilty eX
ジャンル
和かん巨乳・爆乳熟女アドベンチャー
作品テーマ
日本海側はんなり熟女とADV
シナリオ
髪ノ毛座
声優
緋牡丹野々村紗夜飯田空おぼれ谷リアス
ボイス
あり
ファイルサイズ
1.25 GB
配信開始日
2012年06月01日

「きちんとできるか不安で……。おばちゃん久しぶりやからね……」――エロ紳士たちの切ないトコロを絶妙にくすぐるヌキゲーブランド“Guilty eX”最新作! “憧れのおばさん”とのムッチリ甘えんぼエッチを楽しめる、日本海側はんなり熟女ADV!

サンプル画像

あらすじ

それは、学園最後の夏休み。いつものようにメリケン爺と話している時だった。

「一平、自分はいくつにならはった?」
「え? 先月で18歳になったけど」
「ほうかほうか。もう18になったんか。 ほな、バーバー三崎の"大人のサービス"が受けられ年齢やな」
「大人のサービス?」
「そうや。バーバー三崎にいって"男前にしてください"と言えば受けられる特別なサービスや」
「特別な……サービス?」

そんなやりとりがあってから、オレは床屋のおばちゃんの事を“オンナ”として意識し始めることに……。
オレと同じ年頃の子も、若い男の人も居ない……高齢化がドンドン進んで行く村。港と反対側にある丘の一番上には、廃屋と潰れた映画館とオレの行き着けの床屋『バーバー三崎』がある。

そんなおばちゃんが、ここで大人のサービス……?
ほんとうに? ほんとうなのか? メリケン爺……
お母ちゃんみたいにやさしいおばちゃんが……?


でも、もうオレは自分の気持ちを抑えきれない。
「おばちゃん、オレを男前にしてくださいっ!」――とうとう言ってしまった。おとなの階段を昇る魔法のコトバを。

作品概要

ハードエロスの旗手“Guilty”の姉妹ブランド“Guilty eX”。エロ紳士たちの切ないトコロを絶妙にくすぐる同ブランドが繰り出す第二弾のジャンルは「日本海側はんなり熟女とADV」。文字通り寂れた漁村を舞台に、はんなりした関西弁を話すまろやか熟女との甘えんぼエッチを満喫しちゃう作品だ。主人公のふたまわりも年上の“床屋のおばちゃん”との、甘いあまい筆下ろし! そして、母親代わりで海女の叔母さんとの秘密のセックス……。注目は二人のヒロインが“はんなり”or“溌剌”とした西の方言を使うこと。声の響きの柔らかさ、温かさ、そしてエッチの時の独特の艶っぽさが絶品だぞ! さらに今回は2人のヒロインにそれぞれ2人の声優をキャスティングした「豪華Wキャラボイス」仕様になっており、“言葉で感じる濃密なエロス”は他では味わえない奥深さになっている。キャストはいつでも変更可能なので、好きな時に好きな声優さんで癒されちゃおう! その他、本作のポイントとしては、いつでもどこでもおばちゃん達を裸に剥ける「すっぽんぽんシステム」。好きな時におばちゃんたちのムッチリ巨乳を拝める幸せを、是非本作で味わってほしい!

キャラクター紹介

三崎洋子(CV:緋牡丹 / 野々村紗夜)
【丘の上で床屋を営む、はんなりおばちゃん】
身長:170cm、スリーサイズ:B100(Jカップ)/W65/H92、42歳
方言:はんなりした方言

村にある唯一の床屋「バーバー三崎」を営んでいるおばちゃん。
若い頃は見た目も性格も派手で、村の中では浮いた存在だった。
高校を卒業した後、女優を目指して上京したのだが夢は叶わず、
約十年後に村へ戻ってきて床屋を始めた。
都会の荒波に揉まれたためか、すっかり角は取れ、
今でははんなりと穏やかな性格になっている。
どんな荒波に揉まれたかは村の誰も知らない。
主人公は、そんなこと関係無しで床屋へやってくる常連さん。
幼い頃からずっと見守ってきた主人公が、
最近自分をオンナとして見ていることに気付き、嬉しく思いつつも戸惑っている。

「いつでも来てくれてええよ。おばちゃんの店、ヒマやし」
野津江美子(CV:飯田空 / おぼれ谷リアス)
【親代わりを務める海女の叔母さん】
身長:162cm、スリーサイズ:B93(Hカップ)/W64/H95、35歳
方言:溌剌とした方言

主人公の叔母。
夫の甥である、両親を亡くした主人公を引き取り、自分の子供同然に育ててきた。
夫は漁師で、遠洋漁業にでているため年に数回しか帰って来ない。
溌剌としていて人当たりの良い性格だが、長い期間夫が帰って来ないと
悶々とした気持ちが溜まり、妖しい雰囲気を漂わせ始める。
しばらくは素潜りなどで悶々とした気持ちを発散させているが、
それでも抑えきれなくなると主人公にとある「お手伝い」を頼んでくる。
洋子のことは、若い頃の印象が強く残っているため、あまり良く思っていない。
そのため、主人公が床屋へ行くこともあまり快く思っていない。

「ええやん。身内なんやから。照れる必要ないやろ?」
メリケン爺
【正体不明のエロ爺さん】
いつも港で釣りをしている謎の爺さん。
自称・村の長老。
みんなからは"メリケン爺"と呼ばれている。
なぜそう呼ばれているのか、明確な理由は誰も知らないが
「おなごはパツキンのメリケン娘に限る」が口癖なので、
“メリケン爺”と呼ばれるようになった、という説が有力。

「やっぱり、おなごはメリケン娘限るのぉ〜」

作品詳細情報

審査団体

倫理協会
ソフ倫
受理番号
0005148D

動作環境

必須 CPU
Pentium4 1.3GHz
必須メモリ
512MB (Vista/Windows 1GB)
必須解像度
1280×960
必須色数
ハイカラー
推奨色数
フルカラー
DirectX
9.0以上
備考
シェーダモデル2.0以上の最大テクスチャサイズ4096以上

この作品のご購入

このブランドの作品一覧

クーポン
Gyutto冬の超特価セール2021【PCゲーム】
 推しのラブより恋のラブ

カテゴリーメニュー

  • 価格帯からさがす
  • 〜1000円
  • 1000〜2000円
  • 2000円〜3000円
  • 3000〜4000円
  • 4000〜5000円
  • 5000円以上
  • 対応OSから探す
  • Windows7
  • Windows8
  • Windows10
  • Android
  • クリエイターから探す
  • 原画家一覧
  • シナリオ一覧
  • 音楽担当一覧
  • 声優一覧
    支払方法一覧

    メルマガ限定割引クーポンあり!