テンタクルロード -我が手に堕ちよ勇壮なる乙女- 

レビューあり
テンタクルロード -我が手に堕ちよ勇壮なる乙女- Yatagarasu
カテゴリー
PCゲーム/美少女ゲーム
作品形式
SLG+RPG
ブランド
Yatagarasu
ジャンル
SLG+RPGコメディファンタジー触手アクション
作品テーマ
勇者捕獲用触手育成SLG
原画家
TEL-O(テルオ)
シナリオ
西村悠一
音楽担当
Angel Note
声優
柚木サチ秋野花榛名れん桜水季鈴音華月来栖川勇杉原まつり葉月まぁち小次郎越雪光ますおかゆうじ
ボイス
あり
ファイルサイズ
2.34 GB
配信開始日
2012年03月09日

主人公は「触手マニア」で「中二病」の若い王さま!? 攻めてくる隣国の「美少女勇者」たちを触手でからめとり、エッチなお仕置きで懲らしめろ! “Yatagarasu”が放つ勇者捕獲用触手育成SLG!

サンプル画像

あらすじ

大陸「セプテントリオ」に伝わる魔王と勇者の戦いの伝説……。その魔王がかつて住んだと云われる「グリューンガルド王国」の王族は、人より長寿であり魔術を得意とする。それゆえ、時として「魔王の再来」と忌み嫌われることも……。現在この国を治める王は、“デューン・アングロジア・グリューンガルド”。若いながらも常に前線で戦い、民からの信頼も厚い君主だ。そんな彼もまた、魔王と呼ばれるに相応しい力を行使した――それは『触手のついた魔物』を操り敵を打ち倒す、特異なる力。だが、そんな彼が不意の事故により数年の休眠を強いられた時、大陸を震撼させる出来事が起こる。かつて勇者を生み出した国であり、勇者信仰を掲げる「リンドベルド王国」が突如としてグリューンガルド王国に宣戦を布告する。『魔王を討つべく、勇者が再び立った!』人々が口を揃え、そう謳うリンドベルド軍の先陣には、かつての勇者の血を引く少女“アリア・アーシュタイン”の姿があった。デューンが目覚めたのは、首都周辺にまでリンドベルド軍が迫っていた時だった。蹂躙された領土を取り戻すべく、彼は触手を操り、リンドベルド王国に対して反攻作戦を決意する。そして――再び歴史は伝承の戦いを迎えるのであった。

作品概要

エッジの効いたゲームシステムと抜群に面白いストーリーで大注目の“Yatagarasu”。本作は同ブランドの「闇夜に踊れ」のシステムをベースに進化させたリアルタイムSLG+RPGだ。触手をこよなく愛し、もはや親友レベルまで絆を深めている主人公“デューン”。彼の治める「グリューンガルド王国」に突如侵攻を開始した隣国「リンドベルド」。かの国のしんがりを務めるのは伝説の勇者の血を引く勇者“アリア・アーシュタイン”。その強さは、敵味方もろとも吹き飛ばすほどのデタラメさであり、太刀打ちできるのは主人公の操る召喚獣「触手」のみ! 主人公は自軍を率い、得意の触手で勇者の少女たちを「捕獲」しつつ、戦況を優位に持っていくことになる。本作は戦闘以外にも、国力を増強したり、魔術研究で新触手を誕生させたりと様々な要素が盛りだくさん。触手凌辱といえば暗い感じがするが、本作は「エッチは濃厚、ノリはエロコメ」といった感じで気軽に楽しく遊べるようになっている。特に笑わせてくれるのは主人公“デューン”。彼は触手マニアな上、「邪悪さ」や「カッコよさ」にこだわる流行りの「中二病」患者。他人に勝手にドラマチックな設定を付けたり、魔法を使う時は必要もないのに小難しい呪文を唱えてみたり、自分の魔術工房に人が来た時はありもしない「解錠コード」を言わせてみたりと、ともかくその言動のイタさがただ事ではない。若き中二病の王がファンタジー世界を舞台にいかなる活躍を見せるのかも本作の醍醐味のひとつだ。

戦友の“触手”たちと共に美少女勇者を「捕縛」せよ!

本作の戦闘システムはリアルタイムに状況が変化するシミュレーションバトル。勝利条件はただ一つ――「勇者の捕縛」だ。どんなに邪魔な敵を倒しても、たとえ勇者の体力をゼロにしようと戦闘は終了しない。勝つためには触手たちを召喚し、勇者を四方から囲んで身動きを取れないようにするしかない。だが、勇者もただでは捕縛されず、残り体力がある場合は謎の現象「イヤーボーン」が発生し、大爆発で大事な触手が吹き飛ばされてしまうぞ! 何度か捕縛を繰り返すうち大人しくなった勇者には、お楽しみの「触手のお仕置き」が可能に! ただ、ここで勇者の純潔を守る選択も可能で、アナタの判断次第で勇者との関係も変化していくことになる。ともかく戦闘を有利に進めるためには、「主人公の強さ」「触手の強さ」「触手の種類」が大きく影響するため、普段からの魔術研究も重要なポイントとなる。

キャラクター紹介

アリア・アーシュタイン(CV:柚木サチ)
伝説の勇者の血筋を受け継ぐ少女。
勇者としての力は絶大であり、周囲の期待に応えるために戦う。
両親を早くに亡くしており、王立勇者評議会に育てられている経緯を持つ。
裏表の無い純真な性格だが、頭の中は悲しいほどお花畑。
騙されやすいだけでなく、少しでも難しい話になれば目が点になる。

「キミが魔王だね、これ以上の戦いは無駄だよ!」
天津百合華 (CV:秋野花)
東方にある亡国・風那岐国(かざなぎこく) からやってきた娘。
亡国の「サムライ」 という職に強い執着を持つ。
立ち寄った異国の地で魔王の風評を聞きつけ、
討伐に参戦することになった。
サムライらしくあろうと堅く苦しい喋り方や振る舞いをしているが、
時折ボロが出てしまうことがある。

「魔王は悪逆非道の者と聞く。
故に魔王を斬ることが真のサムライの在り方なり」
クリスティーナ・リンドベルド(CV:榛名れん)
リンドベルド王国の姫でありながら、
剣術の天才に与えられる 「天剣」 の称号を持つ。
民のためと、戦争の終結を強く望む。
しかし、そのプライドの高さからか
打開策を見い出すことが出来ないまま、グリューンガルド軍と戦い続けている。
周りに信じられる味方がいないせいか、独り言で脳内会議をよく行っている。

「私はクリスティーナ・リンドベルド、
ご存じの通り、国王 セオドア・リンドベルドの娘です」
レミィ・ローグバルト(CV:桜水季)
巫女として魔王討伐の啓示を受け、
賢者の里「ラグナテロデッサ」からやってきた乙女。
不思議な魔術を操り、死傷者を出さない戦い方は、
両軍から「奇跡」とも称されている。
外界と交流を持たない里で育ったゆえに
世間知らずであり、のんびりとした性格。
謎のリンゴが生えてくる杖を愛用している。

「お腹は空きませんか? とっても美味しいリンゴがあるのですよ」
レイラ・レギンレイヴ(CV:鈴音華月)
デューンに負けず劣らずの触手好きのため、
彼の専属メイドとなり国に滞在している。
本来は戦乙女という天界の民で、
死せる英傑の魂を天へ連れ去る死神。
無愛想で常に不機嫌そうなオーラを纏っているが、
触手トークになると我を忘れる変態淑女でもある。
その様からデューンに 「マイスター」 と称されるが、
レイラ本人は強く否定している。

「私だってたまには正直に物ぐらい言うわよ、バカ」
デューン・アングロジア・グリューンガルド(CV:来栖川勇)
グリューンガルドの若き国王であり、
王家に伝わる魔導書と魔眼の力を受け継ぐ。
触手のついた魔物を「我が心の友」と呼び、
並々ならぬ執着を見せる変態でもある。
またバカ真面目なほど筋を通すことに拘る一面や
中二病を患うなど、臣下達を悩ます要素は多い。
だが、そんな多くの欠点を補うほど、
熱く揺るがぬ彼の信念は、皆を惹きつける。
不慮の事故による眠りから目覚めると、
自らを魔王と称し、此度の反攻作戦を開始する。

「皆、俺と触手達と共に来いっ! 我らが大地を取り戻すのだっ!!」
フォッサリア・ルーティ・メルメティス(CV:杉原まつり)
長い時を生きるエルフの魔術師。
フォッサの愛称でデューン達に親しまれている。
グリューンガルド王家とも付き合いは長く、
デューンを弟のように思い、お姉さんを気取る。
名実共に大陸随一の魔女と謳われており、
幼い頃よりミリーナは彼女を師事している。
ここ数十年は魔導商店「エニグマ」を営み、
魔導具を作成する趣味に生きている。

「趣味でやってるお店なの。そういうこと言わない♪」
ミリーナ・レイアンバイト(CV:葉月まぁち)
デューンとは幼い頃からの付き合いで、
彼を兄のように慕い、デューン兄様と呼ぶ。
グリューンガルドの時代錯誤の遺物と言われている無限書庫で
管理人の役目を担う。
そんな忙しない日々の傍ら、
フォッサリアの下で魔術を学ぶ勤勉な一面を持っている。
また世話焼きで真面目な性格が災いしてか、
フォッサリアによくからかわれる薄幸な存在。

「兄様も先生も冗談ばかり言うんですから。
えっ? 冗談じゃないんですか……ええぇっ!?」
ダミアン・マケライコフ(CV:小次郎)
グリューンガルドが誇る剛腕の剣士であり、
デューンには「我が右腕」と呼ばれる将軍。
巨大な大剣を片手で振るう豪快な戦い方をし、
兵卒ならば、その姿を見るだけで戦意を失う。
デューンの即位後も、彼のことを若様と呼び、
揺るがぬ忠誠を誓う傍ら、常に気にかけている。
見た目どおりに豪胆な性格であり、
部下達からも慕われる優秀な将軍である。

「若様が戦場で彼奴との戦いに集中出来るよう、
このダミアンが尽力しましょうぞ!」
コモロイ・スタッコイ(CV:越雪光)
グリューンガルドに古くから仕える宰相であり、
暴走しがちなデューンに苦言を言う役目を負う。
ダミアン達将軍と共に、グリューンガルドを支え、
政務・戦略の要をその一身で引き受けている。
生真面目な性格で、誰に対しても厳しく、
デューンに対しては「特に」といった節もあるが、
それは深い親愛の念を抱いているが故である。

「んんっ――陛下には今がどういう状況なのか、
もう少しご理解を頂く必要がありそうですな」
サイラス・リンダル(CV:ますおかゆうじ)
リンドベルド王立勇者評議会の会長を務める。
優しげな言葉遣いをするが、計算高く読めない男。
此度の戦争でグリューガルドを魔王国と呼び、
勇者とリンドベルド軍を向かわせた張本人である。
勇者信仰を掲げるリンドベルドでは、
評議会長として、王族よりも権力を持っている。
その為、姫であるクリスティーナとは険悪。
勇者の末裔、アリアとは義理の親子関係にあるが、
会長という立場上、一定の距離を置いている。

「フッ、姫様の仰ることが、ますます理解出来かねますね」
セオドア・リンドベルド(CV:来栖川勇)
リンドベルド国王であり、クリスティーナの父。
サイラスが勇者評議会長の座に着いた後、
狂信的なほど勇者信仰に取り憑かれてしまう。
かつては名君として名の知れた王であったが、
今ではその面影すら無く、生気が抜けたように、
勇者評議会の傀儡と化してしまっている。

「我は少し休む……サイラスよ、後は任せたぞ……」

作品詳細情報

審査団体

倫理協会
ソフ倫
受理番号
0004963D

動作環境

必須 CPU
Pentium4 2.0GHz
推奨 CPU
Pentium4 2.7GHz
必須メモリ
XP:1024MB、Vista/7:2048MB
音源
DirctXSound対応デバイス
DirectX
9.0c以上

この作品のご購入

このブランドの作品一覧

カテゴリーメニュー

  • 体験版リスト
  • 値引きセール一覧
    美少女スカイスクレイパー左@
    美少女スカイスクレイパー左A