キラ☆キラ カーテンコール Windows8対応版 

アドベンチャー レビューあり
キラ☆キラ カーテンコール Windows8対応版 OVERDRIVE
カテゴリー
PCゲーム/美少女ゲーム
作品形式
アドベンチャー
ブランド
OVERDRIVE
ジャンル
アドベンチャーコメディ恋愛
シリーズ
キラ☆キラ
作品テーマ
青春恋愛ロックンロールADV
原画家
片倉真二藤丸
シナリオ
Team N.G.X
音楽担当
milktub第二文芸部
ボイス
フルボイス
ファイルサイズ
721 MB
配信開始日
2011年07月15日

キラ☆キラ シリーズ詳細

イキのいい作品をリリースし続ける“OVERDRIVE”の人気作“「キラ☆キラ」の続編登場! 新たな登場人物たちの熱い青春と、前作のキャラたちの“今”を描いた二部構成! まさにこれはグランドフィナーレ!

サンプル画像

STORY-1

素人ばかりの新人バンド・第二文芸部バンドがひと夏のライブツアーを敢行してから、数年後。“鹿之助”たちが学園を卒業した後、『第二文芸部バンド』の名は女子軽音部に引き継がれていた。数々の伝説のおかげか音楽経験者の入部希望も多く、その年度ごとの優秀な部員で結成される『第二文芸部バンド』は、本家に負けないハイクオリティなバンドとして改めて高い評価を受けている。逆に、衰退の一途をたどっているのは『男子軽音部』。女子軽音部に比べ目的意識が低く、『音楽を楽しむ』という名目のぬるい空気に満ちていた。主人公・“誉田宗太”はその男子軽音部所属。宗太は、とある理由で、『第二文芸部バンド』を超える演奏を披露しなければならなかった。その理由とは、現在の『第二文芸部バンド』のギターとボーカルを務める“吉本結衣”。結衣は宗太の昔からの片思いの女の子にして、何をやらせても宗太より一枚上手な最大のライバル。宗太は結衣に『お前を超えたら、俺と付き合って貰うからな!』と言い続けているのだ。結衣を彼女にするための、さし当たっての舞台は文化祭。『そこで第二文芸部を超える演奏を見せれば、結衣も俺のかっこよさに気づくはず!』やる気満々の宗太に対して、部の先輩たちは文化祭を目前にしてもあいかわらずの調子。果たして文化祭の結末は? そして宗太の(一方的な)恋の行方はどうなる!?!?!?

間違いと失敗を繰り返し、それでも前に進むしかない青春純情ロック、開演!!

STORY-2

学園を卒業した後、念願の自分のバンド『HAPPY CYCLE MANIA』を結成した“村上”。いろんなトラブルを乗り越え、ようやく一人前のバンドとして人気も出てきたこのタイミングでトラブル発生! ボーカルの“アキ”がメジャーでソロデビューすることになり、バンドのボーカルが居なくなってしまった。まぁ、この程度のトラブルはバンド業界では良くあること。なんとかなる。村上自身もそう思っていたが、なぜか今回に限って、前向きになれない。これまでのこと、これからのこと、余計なことを考えすぎてしまい、なかなか先に進めない。『村上が、村上らしくない』。小さなささくれでしかなかったそれは、いつしかハピマニ分裂の危機を招いてしまう。メンバーそれぞれが考える、それぞれの理想、夢。それらが交錯する中、村上が見つけた答えとは? はたしてハピマニの、そして村上の将来はどうなるのか?

前作のキャラクタも目いっぱい出演してお贈りする『キラ☆キラ』グランドフィナーレ!

作品概要

イキのいい作品をリリースし続ける“OVERDRIVE”の人気作“「キラ☆キラ」。その続編が、再びエネルギッシュなキャラクターと、ノリノリのサウンドを引っ提げて登場だ! 本作は前作の数年後の学園を舞台に新しい登場人物たちの青春を描いた「STORY-1」と、前作のキャラクターたちが織りなすドラマティックなグランドフィナーレ「STORY-2」の二部構成。「第二文芸部」を軸に、焼けつくような青春が爆走する「それぞれの青春」をお楽しみに!

キャラクター紹介

吉本 結衣
【第二文芸部・ボーカル&ギター】
欧美学園二年生。宗太の昔からの片思いの女の子にして、最大のライバル。
昔はおてんばで、何でも、宗太より一枚上手だった。
そのせいで「お前を超えたら、俺と付き合って貰うからな!
俺はお前を愛しているんだ」と、宗太に言われている。
普段はやや天然気味でおとなしめだが、
怒ると昔通りの無茶苦茶をして、祐子を驚かせてしまう。
弱点は下ネタ。
前島 祐子
【第二文芸部・ベース】
欧美学園二年生。前作の主人公・前島鹿之助の妹。
結衣と親友で、宗太たちとは幼なじみ。
宗太曰く、「性格のねじまがった女」。
ひねくれているが、面倒見がよく、仲間思い。
だが、普段はちょっとえらそう。
一言で言うと、女版鹿之助。
そして、こっそりお兄ちゃん子。
元吹奏楽部などの錚々たるメンバーのなか、
第二文芸部バンドベースの地位を手に入れる。
早川 麻美
【第二文芸部・楽器なんでも(主にギター)】
欧美学園一年生。
和樹の妹で、無口で大人しい女の子。
音感抜群でどんな楽器もすぐにそつなくこなす天才。
どうも宗太に気がある様子。
高嶋さん
【第二文芸部・キーボード】
欧美学園二年生。吹奏楽部所属。
第二文芸部バンドのキーボード担当。
おしとやかな外見に似合わず腹黒い。
西園寺さん
【第二文芸部・ドラム】
欧美学園二年生。吹奏楽部所属。
第二文芸部バンドのドラム担当。
欧美学園の上品な校風にピッタリのお嬢様。
しかし性格は男らしい。
誉田 宗太
【SUPER RN'RS・ギター&ボーカル】
第一部の主人公。欧美学園二年生。自称「燃えるロック魂」。
常に熱く何事にも全力。
ただ方向が少し間違っているため、髪の毛を金髪坊主にしたり、
パンクファッション(皮ジャン、ガーゼシャツ、鋲つき皮アクセ、etc)を着たりで、
本人の意図とは裏腹に女性には嫌われてしまう性分。
熱狂的なラモーンズファンで、UKパンクが嫌い。
ピストルズはチンピラ、クラッシュはラモーンズのコピーが持論。
幼馴染みの吉本結衣のことが大好きだが、
間違ったアプローチを繰り返している為、成果は芳しくない。
早川 和樹
【SUPER RN'RS・ギター】
欧美学園二年生。
宗太の幼馴染みで、親友。小学生のとき「子分」にされた。
育ちが良く、おっとりとした性格で、
男女分け隔てなく誰からも好かれている。
宗太と一緒にロックをはじめ、妹にギターを教わっているが、
あまり上手くなく、すぐもたついてしまう。
井深 暁大
【SUPER RN'RS・ベース&ボーカル】
欧美学園二年生。
美形でナルシストのベース。
好きなものは自分自身とベースの低音。
先輩と揉め、軽音楽部を退部している。
松下 彰喜
【SUPER RN'RS・ドラム】
欧美学園二年生。
実家が寺のドラマー。
暁大とは幼馴染。
暁大と一緒に軽音楽部を辞めている。
村上
【HAPPY CYCLE MANIA・ギター&ボーカル】
前作では主人公・鹿之助の親友として登場。
能天気なポジティブさを遺憾なく発揮した。
ポジティブで能天気な性格は相変わらずだが、最近何かと悩みがち。
屋代 彰
【HAPPY CYCLE MANIA・ギター】
ギター。
前作では、名古屋のビジュアル系バンド「Panic」のボーカルとして登場。
東京に出てきた際に村上と意気投合し、ハピマニに参加。
音作りに異様な執念を燃やす。
大村 寿太郎
【HAPPY CYCLE MANIA・ドラム】
ハッピーサイクルマニアのドラム担当。
実家が空手の道場で、武術の達人でもある。
岡路
【HAPPY CYCLE MANIA・キーボード】
ハピマニのキーボード担当。
機械にしか興味がない変人だが、腕は確か。
古川 美瑠
【HAPPY CYCLE MANIA・ベース】
ハピマニの女ベーシスト。ニックネームは「眠り姫」。
いつでもどこでも隙さえあればすぐに寝てしまうから。
アキ
ハッピーサイクルマニアの元ボーカル。
最近ソロでプロデビューを果たす。
八木原
インディーズレーベルを立ち上げて、
他のバンドの世話などいろいろやっている。
口ひげを生やしはじめた。
前島 鹿之助
前作の主人公。第二文芸部のベース担当。
卒業後はスーツ出勤の会社でサラリーマンをやっているらしい。
バンド活動は行っていないが、楽器には触り続けている。
椎野 きらり
前作のヒロイン。第二文芸部のボーカル担当。
学園卒業後はプロのボーカリストとしてデビュー。
国内・海外問わず飛び回る忙しい生活を送っている。
石動 千絵
前作のヒロイン。第二文芸部のドラム担当。
卒業後は自身の希望通り、福祉系の職業に就く。
家が近いので、村上や鹿之助とはちょくちょく会っているが、
バンド活動からは身を引いている。
樫原 紗理奈
前作のヒロイン。第二文芸部のギター担当。
親族の経営する会社の役員として働いている。
仕事が忙しいので第二文芸部のメンバーとは疎遠にながち。

作品詳細情報

審査団体

倫理協会
ソフ倫
受理番号
0004472D

動作環境

必須 CPU
PentiumIII 800MHz
必須メモリ
256MB
必須解像度
800×600
必須色数
ハイカラー
音源
DirectSoundに対応したサウンドボード
DirectX
8.1以上

この作品のご購入

このブランドの作品一覧

ミンク25周年1
peassoft

カテゴリーメニュー

  • 体験版リスト
  • 値引きセール一覧
    美少女スカイスクレイパー左@
    美少女スカイスクレイパー左A