サナトリウムの雌豚 

アドベンチャー レビューあり
サナトリウムの雌豚 黒雛
カテゴリー
PCゲーム/低価格フロア
作品形式
アドベンチャー
ブランド
黒雛
ジャンル
アドベンチャーインモラル獣かん肉体改造乱交
作品テーマ
人体改造猟奇ADV
原画家
ハサ西
シナリオ
紅羽一葉
声優
橘みもざ氷室百合
ボイス
女性のみフルボイス
ファイルサイズ
534 MB
配信開始日
2010年11月05日
サポート情報
オフィシャルHP:http://www.masterup.net/hina-soft/

――少女は生きながらにして「雌豚」とされてしまった――。終戦間近の陰鬱とした時代を背景に、軍の秘密実験で豚の臓器を移植された少女がたどる“ひとでなし”の凌辱地獄!

サンプル画像

あらすじ

仄暗い昭和の歴史の最初の二十年。世界の全てを巻き込んだ戦争が終わりに差し掛かろうとしていた、最後の数ヶ月。戦争の残照ともいえる忌まわしい研究は未だに続いていた。「傷痍軍人ノ前線復帰ノ為ノ予備研究」――戦闘で負傷し、生きることすらままならない者たちを復活させる研究。それは、被験者である不幸な者たちを最後の肉の一片まで使い潰す狂気の研究でもあった。幸いにして、そして不幸にして、その研究の「成果」はただ一人の少女でしかなかった……零号被検体・“零”(れい)。彼女はとある重病を生来から背負い、伊豆にある修道会系サナトリウムに収容されていた少女だった。余命幾ばくもない彼女が、この全てが終わろうとしていた季節まで生きていられたのは若き天才科学者、“尾崎”のおぞましい研究の成果のため。彼は先天的な免疫不全を利用して、ヒトと異種動物間の臓器移植を実現しようと彼女を利用した。その結果……。彼女は命と引き替えに、少女としての全てを失うこととなってしまった。尾崎が移植に利用したのは、人間とその臓器の配置と大きさが似通っている「豚」。そう、少女は生きながらにして、「雌豚」とされてしまったのである。

作品概要

「異種族間臓器移植実験」……生科学のおぞましき闇の領域。その禁断の人体実験の生贄に捧げられた少女の淫獄絵巻! 被験体“零”は汚らわしい豚の臓器を移植され、その扱いも人間のそれ以下! 軍の科学者の非情な探究心によりカラダを弄られ、下卑た軍人たちの性的好奇心と欲望に翻弄される……そのあり様は、ひとでなしの凌辱劇! また、零の人間としての臓器を移植された女“華音”も、また実験の犠牲者だ。彼女は自分の研究にしか興味を持た無い“尾崎”を崇拝し、零に対し嫉妬を剥き出しにする。それぞれの思惑や情念が淫靡さを拡大させ、狂気は目を覆う壮絶さで加速していく。獣や医療器具と絡めたハードプレイ――まさしく「雌豚」として犯される“人間だった”少女の気狂いじみたエロスがアナタを震撼させる! どこまでが「人間」で、どこまでが「畜生」なのか……自己同一性が喪われゆくなかで、少女は何を感じるのか? 本作は「公衆快楽施設」でも好評を博した音声演出を生かし、「主人公視点」「ヒロイン視点」「サブヒロイン視点」と交錯させ、ヒロイン一人称部分を一部フルボイス化。想像を越える凌辱の凄まじさが、より鮮明に体感できるぞ!

キャラクター紹介

零号被験体:零(CV:橘みもざ)
ヒロイン。
実験の結果として(過程として)、臓器を豚のそれと入れ替えられつつある。
研究対象としては非常に貴重な存在。
だが、肝心の技術の汎用化が成り立ってない上に、
戦局がどうにもならなくなってるので、
現状は軍のお偉いさんの慰み者となってしまっている。
言葉遣いなどは礼儀正しい。
それこそ貴族の礼法すら身につけているような少女ではあるが、
知能は手術の影響のせいか、後退している。
度重なる実験と激化する一方であるプレイに刺激され、
最後の理性も失って終末を導くようになってゆく。

「『雌豚女』……返す言葉も……ない。
私は事実として、そう……変容を強いられてる」
森田華音(CV:氷室百合)
サブヒロイン。狂言回し。
古風なナース服を着た看護婦(従軍看護婦)だが、
どちらかというと尾崎の助手といった趣がある。
常に寡黙で、発言するときは断定的な口調になるが、尾崎の命令には従順。
華音も尾崎の「作品」のひとつであり、
「零」の人間時の臓器は華音に移植されている。
他にもいくつかの実験が施されており、
ときおりそれが体調不良や精神の平衡を欠いたりする形で表面化する。
尾崎を崇拝し、零の美しさや尾崎からの扱われ方に嫉妬し、狂気を深めてゆく。

「……泣いているのね……無様な娘」
尾崎
主人公。
「代替人体器官ニ依ル戦傷兵復帰計画」の実働メンバーの一人で、軍属。
階級は帝国海軍所属の技術大尉。
免疫学と循環器、及び外科のエキスパート。
自分の「作品」である「零」の扱いについて複雑な思いがあるが、表向きには出さない。
ただし、「零」そして「華音」は研究を昇華させるために必要な実験サンプルであるため、
彼女らを生かすためには何でもする。
基本的にモラルは無く、自分の探求心を何よりも優先させる。

「僕はただ……僕の研究だけが、生き甲斐だったのさ」

作品詳細情報

サポート情報
オフィシャルHP:http://www.masterup.net/hina-soft/

審査団体

倫理協会
ソフ倫
受理番号
0004169D

動作環境

必須 CPU
Celeron/PentiumIII 500MHz(Vista/7:1GB)
必須メモリ
256MB
必須解像度
800×600
必須色数
ハイカラー
音源
DirectSound対応のPCM音源
DirectX
8.0a以上

この作品のご購入

このブランドの作品一覧

カテゴリーメニュー

  • 体験版リスト
  • 値引きセール一覧
    低価格スカイスクレイパー左@
    低価格スカイスクレイパー左A