ななついろ★ドロップス 

アドベンチャー レビューあり
ななついろ★ドロップス ユニゾンシフト
カテゴリー
PCゲーム/美少女ゲーム
作品形式
アドベンチャー
ブランド
ユニゾンシフト
ジャンル
学園メガネっ娘ファンタジー女教師アドベンチャー恋愛
作品テーマ
恋愛初心者どきどき★ADV
原画家
いとうのいぢぺろ
シナリオ
市川環風間ぽなんざ
音楽担当
水月陵
声優
佐本二厘宗川梗永杜紗枝杉崎和哉沖野靖広本山美奈笠原准ありす小林康介野神奈々紫華薫
ボイス
主人公以外フルボイス
ファイルサイズ
2.21 GB
配信開始日
2011年07月01日

日が落ちると羊のぬいぐるみに変身する特異体質になってしまった主人公が、元の普通の人間に戻るため「星のしずく」を女の子と一緒に集めていくファンタジックな恋愛初心者どきどき★AVG。

サンプル画像

あらすじ

都会からちょっと離れた静かな町「舞方市星ケ丘」……流れ星がよく見えることから、ここは知る人ぞ知る「世界で一番星に近い町」として知られる。ここに住む“石蕗正晴”(主人公)は、とある怪しげなジュースを飲んだことで、日が落ちると羊のぬいぐるみに変身するという特異体質になってしまった。元の身体に戻すには、「星のしずく」という不思議な力の元を集めなければならず、しかも、その「星のしずく」を集められることが出来るのは選ばれた女の子……、クラスメートの“秋姫すもも”だけだけらしい。さらに、自分の正体が知られてしまえば本当の人形になってしまうということから、ぬいぐるみの国からやって来た「ユキちゃん」と素性を隠して、すももに「星のしずく」を集める依頼をするのだったが……。

作品概要

ひょんなことから日が落ちると羊のぬいぐるみになってしまう特異体質になってしまった主人公が、元の普通の人間に戻るため「星のしずく」を女の子と一緒に集めていくファンタジックな恋愛初心者どきどき★AVG。冒頭の紹介のように、主人公は昼間は普通の人間の学生として学校へ行き、日が落ちると羊のぬいぐるみになって、クラスメートの秋姫すもも(メインヒロイン)と一緒に「星のしずく」を探す二重生活を送るようになる。主人公は、自分の正体がすももにばれないように細心の注意を払っていくが、様々なアクシデントから、たびたびデンジャーな状況に陥る。すももの他にも、そのすももの親友で、学園で一、二を争う美人でカッコいい女の子“八重野撫子”や、成績が学年トップの秀才少女で眼鏡ッ娘の“結城ノナ”、主人公らが通う学園の教師で女生徒の隠れ人気教師ランキング4年連続ナンバーワンの“如月ナツメ”ら多数のキャラクター達が登場し、ドラマを盛り上げてくれる。可愛らしくも魅力溢れるキャラクター達が織り成すファンタジックなラブストーリーをご堪能あれ♪

キャラクター紹介

秋姫すもも(CV:佐本二厘)
星城学園二年生で、主人公のクラスメイトの女の子。
花の世話が好きで、園芸部に入っている。
人見知りするタイプで、恥ずかしがり屋、臆病だけれど、
基本的には純粋で優しい性格の頑張り屋さん。
前に出る事が苦手で、音楽や体育などで全員の前に立つと思うと
気絶しそうなくらい緊張してしまう。
男の子はどちらかというと苦手。すぐ顔が赤くなる。
心を許すと普通の女の子らしくお喋りもするし、笑顔も見せてくれるように。
一人っ子で、母親は単身赴任中、家では父親との二人暮らし。
そのせいもあってか、ひとりぼっちを嫌がる寂しがり屋。
羊のぬいぐるみ、ユキちゃんの突拍子もない話を信じて、「星のしずく」を集める。
「星のしずく」を集めるときは、単身赴任中のデザイナーである
母親から贈られた服に着替えて行動をする。

「ごめんなさい、わたし……ほ、ほんのちょっとだけ
石蕗くんのこと……ちょっとだけ……こわい人かもって……」
八重野撫子(CV:宗川梗)
星城学園二年生で、主人公のクラスメイト。
すももの親友で、同じ園芸部に所属している。
性格はすももと正反対で、はっきりきっぱり男らしく、かっこいい。
口数があまり多くないため、一見冷たそうで近寄りがたい雰囲気だが、
本当は人が困っていたら黙って助けてくれるような優しく頼りがいのある女の子。
古風で厳格な家に育ったため、礼儀や思いやりを重んじる。
また、それゆえに物事をなかなか割り切れず融通のきかない部分もある。
普段授業を聞いているだけで特に勉強をしなくても成績が良い。
すももと違い運動神経も抜群で、星ヶ丘にある薙刀の道場に通っている。
男性を意識したことが無いらしく、誰に対してもあまり態度が変わらない。
でも、実は心の中では女の子らしい恋はしてみたいとは思っている。
しかし本人が男前な性格である事に加え、すももから借りた少女漫画の
影響を受けているため、無意識に男性への理想が高い。

「もぐもぐ…ん……ふぅ。ここの大福はとても美味しい。
……石蕗はそう思わないか?」
結城ノナ(CV:永杜紗枝)
星城学園二年生で、主人公のクラスに一学期の途中から転入してくる。
成績学年トップの秀才少女で、超豪邸の実家から高級車で通学してくるお嬢様。
両親はいるのだが家には不在で、豪邸では専属の執事と二人暮らしをしている。
エリート意識があり、プライドが高い。といっても、努力家ゆえの裏返しのような感じ。
休み時間なども勉強をかかさず、放課後も勉強のためにすぐ家に帰ってしまう。
何でもある程度知識を掘り下げずにはいられない凝り性で、
一旦気になった事に関しては色々と研究し、
ものすごく一直線に習得しようとする努力家。だが、時々気まぐれな一面も。
でも、根はいい人。出来の悪い人を見ると見捨てられない。
結構キツい事をスパッと言ってしまう事もあるが、一応本人のためを思って発言している。
転入したてのためか、やや自己主張が強いからか、まだ友達がいない。
本人はひとりでいることに慣れているつもり。
どうやらメガネの度があっていないらしく、相手にかなり近付かないと顔が識別出来ない。

「どうして何も言わないのですか。下着を見た場合の反応――
あなたはおかしいです」
謎の少女(CV:???)
すももの前に突然現れて、ライバルを自称する謎の少女。
「プリマ・アスパラス」と名乗り、すももの事を「プリマ・プラム」と呼ぶ。
何故そんな風に呼ばれるのか、すももにも主人公にも
心当たりがさっぱりなく、やや戸惑われ気味。
しかし、本人はライバル意識むき出しですももにつっかかってくる。
すももと同じく「星のしずく」を集めているが、その力は
すももを遥かに凌駕していて、あまり勝負にはならない。
モタモタしているすももを見て、うっかり手助けしてしまう事も
あるような、根はいい人。

「その言葉――このアタシの行動全てを把握したうえで言ってるの?
ん? 答えなさい、ひつじ」
石蕗正晴/ユキちゃん
このお話の主人公。
学校から一番近い徒歩10分くらいの学生寮で一人暮らしをしている。
すももたちとは同級生で同じクラスだが、
まだ新しいクラスで一緒になったばかりなので、喋ったりしたことはほとんど無い。
故意に人を遠ざけたりしているつもりはないが、
あまり人とのコミュニケーションを積極的にするタイプではなく、
自分の気持ちをうまく言えないため誤解されやすい性格。
怪しげなジュースを飲んでしまった正晴は太陽が沈むと羊の姿になってしまう。
元の人間に戻るためには、「星のしずく」を七つ集めなければならない。
また、自分が「ユキちゃん」である事を人に知られると、二度と人間には戻れず、
本当のぬいぐるみになってしまうという爆弾を抱えこんでいる。

「皆の前で声を出さないように、あとは……
なるべく隅っこに隠れてたら……なんとかなるかな……はあ」
如月ナツメ(CV:杉崎和哉)
星城学園生物担当の教師で、すもも達が所属する園芸部の顧問。
28歳独身。女生徒の隠れ人気教師ランキング4年連続ナンバー1、らしい。
主人公がぬいぐるみになってしまった時に助けてくれた。
元の姿に戻るための導き・アドバイスとして色々な事を説明してくれる上に
『星のしずく』を七つ集めれば人間に戻る薬を作ってくれると言う謎の人。
何故か、この先生には主人公がユキちゃんだとわかっても何ともない。
悪気は無いが人をからかうのが好きというちょっと困った性格。
ユキちゃんになってしまった主人公は、少々振り回されることも。
無意識なのか不明だが、肝心な事は後にならないと言わないクセがある。

「星の巡りというものが、これほどにも不思議だとは――
僕はあまり……運命などは信じないタイプなんだがね」
松田(CV:沖野靖広)
ノナちゃんをいつも影から見守る執事。
送り迎えやお食事の用意など、
仕事がいっぱいあるせいか時々失敗してしまう。
主人であるノナちゃんが無茶をするたびに、涙を流して追っかけてくる。

「本当に申し訳ありません……お叱りを受ける覚悟はできております、
松田はお嬢様を見失いかけました……執事失格です……ですが!
この松田、お嬢様のためならたとえ地の果てでも滝壺までも――」
小岩井フローラ(CV:本山美奈)
主人公のクラスメイト。
癒し系のお嬢さん。
お家は和風喫茶「らいむらいと」を経営中。
フローラも時々お手伝いしている。

「もう、それは違うでしょうー信子
コイバナ! 恋愛話にきまってるじゃないの」
深道信子(CV:笠原准)
主人公のクラスメイト。
男勝りで面倒見のいい姉御。お家は花火屋さん。
去年も同じクラスで、
あまりクラスメイトになじめていない主人公を密かに心配している。

「はあ……石蕗がそんな笑顔を見せるようになったとはねえ……
恋って恐ろしいもんだ」
雨森弥生(CV:ありす)
主人公のクラスメイト。ちょっとズレてる天然不思議ちゃん。
お家がラーメン屋さんを経営。
おっとりしているようで、
実はするどい人間観察眼を持っている…かもしれない。

「あれれ? 石蕗君はお昼ごはん食べないの〜?
購買部、早く行かないとな〜んにもなくなっちゃうよぉ。
弥生もお財布忘れちゃって、すっごい急いで戻ってきた」
桜庭圭介(CV:小林康介)
主人公の友人。明るくて気がきく、クラスのムードメーカー。
しかしながらちょっと鈍感なところがたまにキズ。
信子とともに、主人公がクラスになじめてないのがちょっと心配。

「おーい、ハル〜ッ、野菜がないと何もできないって
信子さんが怒ってるぞ〜っ!」
麻宮夏樹(CV:野神奈々)
やや無口で冷めた感じの、主人公の友人。
去年同じクラスだった。
三つ子たちのまとめ役な立場。
彼らも主人公と同じく学生寮から学園に通っている。

「別に何に悩んでても構わないけど――
飯はちゃんと食べろ。……じゃないと、
こいつらがどうしたんだってうるさいんだ」
麻宮冬亜(CV:野神奈々)
三つ子のうちの一人。夏樹と同じクラスにいる。
いつも元気で、校内でも寮でも駆け回っている。
元気すぎるのが夏樹の悩みの種らしい?

「あのね、ハルたんって、手も足も長くて大きいから
トウアたちよりももっと早く遠くまで行けると思うの……
あ、でもだから余計にぐるぐるしちゃうのかなぁ」
麻宮秋乃(CV:野神奈々)
三つ子のうちの一人。今年も主人公と同じクラス。
おっとりした、おとなしい女の子。
いつも冬亜に振り回されている。

「あ、あの……すももちゃん? ご…ごめんなさい。
あの、そろそろお風呂の用意しない…かな」
秋姫正史郎(CV:紫華薫)
すももの優しいお父さん。
小説家なので、いつも家でお仕事している。
料理も家事もなかなかの腕前。

「ほほう、ユキちゃんか……うんうん……へえ
あ、すまない……ついちょっとね……
あんまり可愛いかったから」

作品詳細情報

審査団体

倫理協会
ソフ倫
受理番号
0003089D

動作環境

必須 CPU
PentiumIII 500MHz
推奨 CPU
Pentium4 1.3GHz
必須メモリ
各OSの推奨動作環境+128MB
推奨メモリ
256MB
必須解像度
800×600
必須色数
ハイカラー
音源
Ogg Vorbis形式PCM
DirectX
8.0以上

この作品のご購入

クーポン
Gyutto夏の超特価セール2020【PCゲーム】
 推しのラブより恋のラブ
まいてつ 普及版

カテゴリーメニュー

  • 価格帯からさがす
  • 〜1000円
  • 1000〜2000円
  • 2000円〜3000円
  • 3000〜4000円
  • 4000〜5000円
  • 5000円以上
  • 対応OSから探す
  • Windows7
  • Windows8
  • Windows10
  • Android
  • クリエイターから探す
  • 原画家一覧
  • シナリオ一覧
  • 音楽担当一覧
  • 声優一覧
    支払方法一覧

    メルマガ限定割引クーポンあり!