ぼーん・ふりーくす! ジェネリック版 

ロールプレイング レビューあり
ぼーん・ふりーくす! ジェネリック版 ライアーソフト
カテゴリー
PCゲーム/美少女ゲーム
作品形式
ロールプレイング
ブランド
ライアーソフト
ジャンル
SFファンタジー巨乳・爆乳近親愛戦うヒロイン和かんロールプレイング
原画家
櫂人
シナリオ
睦月たたら
声優
一色ヒカル金田まひる中家志穂楠鈴音杉原茉莉甲賀忍
ボイス
女性のみフルボイス
ファイルサイズ
961 MB
配信開始日
2009年09月18日

不治の病を患う妹を救うため、彼女の免疫細胞を改造して体内を探索! 敵のDNAを奪って妹細胞を改造すれば、妹が巨乳になったり、ネコミミが生えたり…。“ライアーソフト”の妹コンフィギュレーションゲーム「ぼーん・ふりーくす」が、内容を一新して「ジェネリック版」でDL販売開始!

サンプル画像

あらすじ


――不治の病に冒された妹を救うため

兄は禁断の秘術に手を染めた――


町医者である主人公“セル”は、幼少から原因不明の病魔を患う妹“ウラシル”を治療するため日々、研究を重ねていた。だがある日、問題の病魔が体中に転移し余命幾ばくもない状況であること知る。もはや医学の限界。絶望の淵に立つ彼は、医師であり科学者である自分のモラルを封じ、禁断の秘術に手を染める決意をする。病魔に打克つには、その脅威を上回る自己免疫力を身につける必要がある。つまり、体内の外敵を駆逐する強い攻撃細胞を作り上げること。セルはウラシルの体内から、攻撃細胞である白血球を取り出し、自然の秩序を犯す改造を加えた。その改造とは、病魔である細胞を不活化させ、そのDNA構造を奪い取る脅威の免疫力だった。入手したDNAは、その塩基配列の情報を解析。白血球自ら細胞変成を起こし、より強い細胞に成長させることできる。かくして、妹の自己免疫細胞=妹自身を彼女の体内に送り込み病魔を死滅させる、一種悪魔的な治療が始まるのだった!

作品概要

“ライアーソフト”が送り出した「運命と戦い未来とDNAを変える妹コンフィギュレーションゲーム」が、ついにDL版で発売! このDL版は「ジェネリック版」と題され、様々な付加要素が加わりとってもお得! 大きな新要素としては「ジェネリックモード」があげられる。これはDL版専用のプレイモードで。ゲームバランスを一新し、新しいDNAチップが追加されているなど、より洗練されたアツいプレイを楽しめるとのこと。もちろん「オリジナル」のモードを選択遊ぶこともできるぞ。また、この「ジェネリックモード」では「フェニルミッション」と呼ばれる要素が追加。フェニルから注文される特定のDNAチップを集めると、それがスペシャルチップのなって変換されるぞ! また戦闘では「セミオート戦闘設定画面」が登場。探検中、戦闘中に表示されるメッセージに対する表示時間の長さが設定可能に。表示時間中は、セミオート戦闘設定ボタン、オートバトル切替ボタン、情報ボタン、脱出ボタンを押すと、押したボタンが機能する。今回追加されるDNAチップの中には、“ライアーソフト”のこれまでの作品、「ちょ〜イタ」から「漆黒のシャルノス」さらには「霞外籠逗留記」が、DNAチップとして登場! 当然、条件を満たせば、ウラシルがあの作品のあのキャラの格好に! 初めてプレイする人にとっては相当お得な内容であり、旧作をプレイした方にとっては、これまたお楽しみ要素の多い作品になっているぞ!

ゲームシステム

本作はDNA注入により妹の身体を肉体改造して、妹自身が己の身体で病魔と戦いを繰り広げていく、やりこみ要素いっぱいの育成型(シスターコンフィギュレーション)RPG。ゲームは、妹ウラシルの体内を探索し、遭遇した病魔と戦う「遺伝子獲得パート」、そして、その戦闘で獲得したDNAをウラシルに与える「遺伝子注入パート」を繰り返しながら進めていく。DNA注入による改造は、ネコやイヌ、ウシ、カニ、サソリなど様々な種類から選択し、その選んだ特性に応じた能力がウラシルに付加され、容姿さえも変化するのだ。ネコのDNAを注入すれば可愛いネコミミ娘に、はたまたウシのDNAを注入すれば巨乳娘に、ウラシルの七変化(以上!)が楽しめちゃうぞッ! ただし、容姿が可愛いからといって強くなるとは限らない。遭遇する敵には、雑魚も居ればボスクラスだって存在するのだ。目的を忘れ、可愛さだけを求めていると、手痛いしっぺ返しもあるので注意が必要だぞ。それでも、強さを求めるか、趣味に走るかはアナタ次第。このDNA注入は、実は性行為やセッ○スそのもの。注入箇所(口、膣、尻)や注入方法(精子に付加、注射等)によって、エッチのバリエーションが変化していくぞ。

キャラクター紹介

セル
主人公。ヒロインの兄。
人当たりのよい、優しい田舎街の医者。
父から引き継いだ診療所を営んでいる。
幼い頃から病床に伏せったままのウラシルを元気な体に直してあげようと、
医者を志し、首都にある最高学府的存在の院で医学を修め、医者になる。
それは同時に、ウラシルの病が不治のものである現実を知ることにもなる。
しかし、彼はけしてあきらめず、ついに、その病を打ち倒す方法を見つけだすことになる。
ウラシル (CV:一色ヒカル)
メインヒロイン。主人公の妹。
幼い頃からずっと、病を患い、それはすでに彼女の体いたるところを蝕んでいる。
父が亡くなってからは、兄一人、妹一人の暮らしをしていて、
ずっと兄である主人公に迷惑をかけてきたと思っているため、控えめな態度が染みついている。
素地は、年相応の明るさと元気さ、快活さを持っていて、
この辺は、治療のために一時的に元気になったとたんに現れてきて、主人公を戸惑わせたり。
セルの考えついた治療方法のため、一時的に健康に近い体調になり、診療所を手伝ったりしている。
フェニル (CV:金田まひる)
主人公の学生時代の級友で、当時の彼女で、現在の共同研究者。
主人公の診療所を片手間に手伝いつつ、
ウラシルの治療にかこつけて、自分の探求欲を満たしていたりする。
大人びているが、意地悪く人をからかったりするのが好きな性格。
頭もよく、主人公の治療行為を技術面で支えている。
研究に関しては考え方はシビアで、経過、結果に希望的な観測を一切入れないタイプ。
彼女にとっては、今回の治療は、自らの研究の成果の実践ととらえられている。
システィ (CV:中家志穂)
主人公の診療所に患者として訪れた少女。
家はかなりの資産家。
ウラシルと同じ病気を患っている。ただし、病状はずっと軽い。
診療所に通っているうちに、ウラシルと仲良くなる。
性質は温和だが、頭はよく、物事をよく見ている。
主人公に対しては、どことなく隔意のあるところを最初は見せる。
シノマ (CV:甲賀忍)
ウラシルの体内に巣食う、最も古い病魔。
他四人の病魔から溺愛されている。
アルテル
自称、病魔のまとめ役。
シノマに厳しい態度で接しながらも溺愛している。
ヴェニエ (CV:杉原茉莉)
自称、病魔たちの参謀。
シノマを小馬鹿にしながらも溺愛している。。
グランデュラ (CV:楠鈴音)
自称、病魔のお色気担当。
ウブなシノマをからかいながらも溺愛している。
ムズクル
自称、病魔の切り込み隊長。
鍛錬の足りないシノマをしごいているが、溺愛している。

作品詳細情報

審査団体

倫理協会
ソフ倫
受理番号
0003086D

動作環境

必須 CPU
PentiumIII 500MB以上
必須メモリ
128MB(XP:512、Vista:1GB)
推奨メモリ
256MB

この作品のご購入

このブランドの作品一覧

クーポン
全品半額!〜令和の秋・WINTERSキャンペーン〜
ぱじゃまソフト20周年記念半額セール
 推しのラブより恋のラブ

カテゴリーメニュー

  • 価格帯からさがす
  • 〜1000円
  • 1000〜2000円
  • 2000円〜3000円
  • 3000〜4000円
  • 4000〜5000円
  • 5000円以上
  • 対応OSから探す
  • Windows7
  • Windows8
  • Windows10
  • Android
  • クリエイターから探す
  • 原画家一覧
  • シナリオ一覧
  • 音楽担当一覧
  • 声優一覧
    支払方法一覧

    メルマガ限定割引クーポンあり!