SEVEN−BRIDGE〜セブンブリッジ〜 

アドベンチャー レビューあり
ライアーソフト
カテゴリー
PCゲーム/美少女ゲーム
作品形式
アドベンチャー
ブランド
ライアーソフト
ジャンル
ホラーコメディファンタジーロボッ娘和かんアドベンチャー恋愛
原画家
中村哲也
シナリオ
星空めてお茗荷屋甚六
声優
青山ゆかり一色ヒカルみるかわしまりの小夜月藍野月まひる理多
ボイス
女性のみパートボイス
ファイルサイズ
1.34 GB
配信開始日
2008年12月16日

──19世紀のおわりにオスマンの勢力に滅ぼされたヨーロッパ! 我々の知らない別の未来を舞台に、疾走する「黒い列車」に乗り込んだ主人公と少女。人外の建造物である7つの橋、7つの試練を乗り越えたどり着いた先にあるものとは? 洋の東西を問わず入り乱れる科学、宗教、魔法。闇の煌めきを持つファンタジーと、瀟洒なエロスが交わる“Liar-soft”の意欲作が登場!

サンプル画像

あらすじ

現実とは異なる歴史を歩んだ、我々の知らない別の未来の物語――。黒死病の世界的流行をむかえる中、史実上の第一次世界大戦に先んじて、ヨーロッパ諸国とオスマン帝国の間に戦端が開かれ、オスマン側が圧倒的な勝利をおさめる。まさに聖戦と呼ぶべき激戦の中で、ヨーロッパの大地は焦土と化し、完膚なきまでに蹂躙された。主人公“クゥ・クラン”は幼き頃に、生まれ育ったドイツを離れて、難民として清王朝の北京へと逃れた。いつからかクゥには、否応なく他人の心の声を聞き取るテレパシー能力が備わっていた。当人にとっては、ひたすら苦痛でしかないその重荷を背負いながら、クゥは青年へと成長する。やがて大戦から十数年が経ち、堕落と混沌をきわめる北京の街で、ひとつの噂が言い交わされていた。「“黒の切符”を手にした者は、黒い列車に乗り旅立つさだめ。向かう先は、夜のとばりに閉ざされたヨーロッパ。列車の名は“プレステ=ジョアン”。七つの橋を越えて終着駅にたどりついたなら、かならずや望みが叶う」───と。
酒と漁色におぼれ、街をうろつくクゥの前に、突然あらわれた少女“エマ”は「黒の切符」をさしだし、一緒に列車に乗るようにうながす。その少女は、いっさい口をきくことができず、クゥのテレパシーをもってしても、心を読み取ることのできない相手だった。機関車「プレステ=ジョアン」に乗り込んだ二人は、力を合わせて終着駅を目指すが、その前に「橋」という名の大いなる七つの試練が待ち構えていた。

作品概要

個性派にして超本格派な作品をリリースする“Liar-soft”の意欲作がDL版で登場! オスマン勢力によりヨーロッパが焦土と化した「存在しない未来」。「プレステ=ジョアン」と呼ばれる魔導の力で疾駆する寝台列車に乗り込み、「死ぬために」故郷に向かう主人公と、彼を黒い機関車に誘った口のきけない少女。行く手に待ち受ける人外の建造物である7つの橋と、その橋の数だけの「試練」。プレイヤーは主人公の“クゥ”となり、彼の特殊能力を活用しながら試練を乗り越えてゆかねばならない。乗り合わせたクセの強い乗客と、時には手をとり、時には激しく対立しながら絶体絶命の連続を生き残るのだ! 西洋、東洋、第三世界の科学と宗教、そして魔法が入り乱れ、怪異と不可思議に満ちたギミックが物語を翻弄する。巧みな筆致のテキストや、粋なセリフまわしで語られる独特の世界は、まさに上質な幻想小説を読んでいるような味わいだ。よくあるアダルトゲームとは明らかに異質な闇の煌めきを持つムード。そこで表現されるエロスは、これまた深く、静かで、それでいて激しい興奮にあふれている。出発地の北京から、終着駅・ドイツまでの幻想旅行。この瀟洒な香りと、波乱に満ちた道程は、アナタをまったく新しいゲームの魅力に導くだろう。

キャラクター紹介

クゥ・クラン
ドイツ出身。
主人公のやさぐれた青年。
強力な読心能力(テレパシー)を持つが、そのために絶えず苦しみを味わう。
黒死病によって生まれ故郷の村を失い、ただ一人生き延びた。
黒の切符を得たことで、ただ死に場所を求め、故郷へ帰ろうとしている。

「俺を乗せていけ。
黒の列車で連れていってくれ。
俺の故郷へ! 俺の墓場へ!」
エマ (CV:青山ゆかり)
出身不明。
黒の少女。
クゥに“黒の切符”を手渡し、それ以降、旅の道連れとなる。
言葉を持たず、クゥの読心能力でも心をうかがい知ることはできない。
つねに手足を黒い布で覆い隠し、決して肌を見せようとしない。

『私の名前はエマです。
喋れません。
言っていることは聞こえます』
モーガン
出身不明。
白き老紳士。エマの祖父。
“赤枝騎士団”と呼ばれる組織を率いる、強力な魔法使い。
エマを通じて“黒の切符”をクゥに与えた張本人。
その野望、すなわち失われたヨーロッパを復活させるため、クゥの力を利用する。

「戦場を離れた兵士は哲学者か狂人になる。
あるいは死ぬかだ。
しかし、私はまだ戦場に立っている」

スカサハ (CV:一色ヒカル)
出身不明。
モーガンに盲従する魔女。その能力は“全知”。
彼女があずかり知らぬことは、この世にない。

「……楽しませてもらうわ。
私の役目は退魔の戦いではない。
そういうのは、他の子たちに任せておくの」

ジェーン (CV:みる)
清国・北京出身。
北京の黒社会から、プレステ=ジョアンに送り込まれた刺客。
方術や秘薬によって肉体を強化された、一種のサイボーグ。
クゥとはなにかと腐れ縁。

「イヌめ。いたぶってやる」
ナンシー (CV:かわしまりの)
インド帝国出身(ロンドン生まれ)。
有力な藩王(マハラジャ)の跡取り娘。
いつも陽気で、三度のカリーよりもエロいことが好き。
従者をひきつれプレステ=ジョアンに合流する。

「作りますとも。地球でいちばん素晴らしい国をねッ」
渡会丹生 (CV:青山ゆかり)
大日本帝国・尾道出身。
通称“おにう”。日本の新聞社から派遣されたジャーナリスト。
断片的にしかヨーロッパの情報を得られない状況に業を煮やし、進んで取材の要請に応じた。
鉄道マニア。

「渡島半島の渡るに会津の会うで、渡会!
丹那の丹に新生駒トンネルの生で、丹生!
に・お、と読みます!」

カイ
出身不明。
灰色の男。
“赤枝騎士団”の闘士。
ひょうひょうとして、なんとも真意の汲みとれぬ男。

「カイ・ザ・ウィンド。
カイ・ザ・ブリーズ。
カイ・ザ・ハンサム。
どれでもお好きにどうぞ」

グリエル (CV:小夜月藍) 
フランス出身。
敬虔なカトリック教徒の少女。イエズス会所属。
異教徒への復讐に燃え、みずからを十字軍に任じて、敵地へおもむく。
生き別れの双子の片割れに対し、並々ならぬ憎しみを向ける。

「望みを持つ者は前へ!
諦めた者は残れ! これは試練である!」
グラナダ (CV:一色ヒカル)
フランス出身、のちにイスタンブールへ拉致。
オスマン軍の捕虜となり、親衛隊イェニチェリの精鋭として育てられた少女。
やはり双子の片割れを強烈に意識している。
スルタン(オスマン帝国皇帝)の勅命を受け、プレステ=ジョアンの鉄路を阻む。

「知っているか、イスラムの三大敵を。
うち二人があの列車でやってくる。
私に殺されにな」

スラーヴァ (CV:野月まひる)
ロシア出身
プレステ=ジョアンの機関助士。寡黙で大柄ですごく頑丈。
スラブ系ユダヤ人。

「あたしは……ただの機関助士です。
雇われ者の下っ端です」

ジョエル (CV:理多)
台湾出身。
プレステ=ジョアンのパーサー(客室乗務員長)。
日本占領下の台湾から清国へと移住した風水士の一族。
女装趣味。

「お客さま、お気になさらず。
それは『エコー』で黒の列車の名物です」
けーこ 
出身不明。
プレステ=ジョアンの列車長かつ機関士。
列車でいちばんえらい、謎多き人物。
モーガンと同様、終着駅をめざすことがその悲願。

「道は遠く果てしない。だが、われらは行く!
黒の切符に招かれたわれらの、それが宿命だ!」
“恋する”ステラ
サルーン車のかたすみにアンティークとして置かれた、壊れた人形。
エマの行動がきっかけとなり再び動き出す。

『土塊の男よ 灼熱の丈夫たちよ
いざ 風撼わせ駆けよ
光塔を薙ぎ 異端を葬れ
ヴルタヴァの河床に抱かれる前に──』

作品詳細情報

審査団体

倫理協会
ソフ倫
受理番号
0002065D

動作環境

必須 CPU
PentiumIII 500MHz以上
必須解像度
800×600
必須色数
フルカラー

この作品のご購入

このブランドの作品一覧

クーポンキャンペーン2019/10/16
ハロウィン
catwalk新作「勇者と踊れ!」発売直前全品半額キャンペーン

カテゴリーメニュー

値引きセール一覧
  • 価格帯からさがす
  • 〜1000円
  • 1000〜2000円
  • 2000円〜3000円
  • 3000〜4000円
  • 4000〜5000円
  • 5000円以上
  • 対応OSから探す
  • Windows7
  • Windows8
  • Windows10
  • Android
  • クリエイターから探す
  • 原画家一覧
  • シナリオ一覧
  • 音楽担当一覧
  • 声優一覧
    支払方法一覧

    メルマガ限定割引クーポンあり!

    アルバイト募集