ココロノ 

アドベンチャー レビューあり
ココロノ FlyingShine黒
カテゴリー
PCゲーム/美少女ゲーム
作品形式
アドベンチャー
ブランド
FlyingShine黒
ジャンル
恋愛学園巨乳・爆乳女教師幼馴染和かんヤンデレアドベンチャー
作品テーマ
歪んだ学園群像アドベンチャー
原画家
八嶋テツヤ
シナリオ
陽光癖毛爆男
声優
逢川奈々榎津まおAgeha五十嵐ナナコ星野もえる
ボイス
ヒロインのみフルボイス
ファイルサイズ
1.00 GB
配信開始日
2012年04月13日
パッケージ販売開始日
2008年11月28日

“FlyingShine黒”が本気で挑む、マジな「ヤンデレ」ゲームがやってくる!! 登場キャラクターは全員が病んでいる! 常識も客観性も無い想像を絶するエロい展開! はたしてアナタは、“彼女”たちと“共感”することができるか?

サンプル画像

あらすじ

“荻良太”は毎日を意味もなく過ごしている。幼馴染の二人とじゃれあい、先生に怒られ、先輩と部活に励む。変わらない毎日と変わらない日常……。良太はそれに不満も何もない。夏休み直前の季節…いつも通りの毎日…不満も不平もない。そして、もうすぐ夏休みが来ると思っている……去年と何も変わらない夏休みが。しかし、彼は気づいていない。自分が「際どい均衡」を作り上げていることに……自分以外の全員が何を考えて、生きているかなんて……。良太という「中心」が、今までと違った動きを見せた時。狂った日常が始まることに、彼はまだ、気づいていない。

作品概要

凌辱、アングラ、ダークでハードなエロ…いろんな意味で真っ黒な“FlyingShine黒”が放つ、マジに病んでる“ヤンデレ”ゲームがやってくる! 登場人物は全員、心になんらかの闇を抱えている。それは主人公でさえ例外なく。そして、その闇がちょっとしたきっかけで日常に漏洩し……“何か”が起こる。このゲームが目指す“ヤンデレ”は「嫉妬が狂気に変貌し殺されそうなほど愛される」といったホラー的次元ではない。もっと現実的で、それゆえに逆におぞけるような違和感と嫌悪感……裏を返すと身も凍るような、ゾクゾクするほど魂が震える「心の交流」である。心が病んでいる人間とガチで分り合おうとするわけだから、ヤバい出来事が嫌というほど体験可能! その影響は、場合によっては主人公にも現れる……もし、プレイヤーの理解を超える行動を主人公がとりはじめたら要注意! 主人公は「アナタであり、アナタではない」のだ! ヒロインがみんな病んでるだけに、エッチシーンも常識をはるかに超えたエロさを実現! 客観性を無くした一方的な愛情表現は、ありえないほどスゴいことに! 洒落にならない真性“ヤンデレ”に、思いっきり脳をヤラれてみないか!?

「好感度」が病んだら「共感度」になりました

このゲームの目指す“ヤンデレ”は、病んでるヒロインと分かり合い、そして救済すること。つまり「心の交流」である。客観性と常識が欠落した相手と心を通わせるには、もはや「好感度」では役に立たない! だって、その「好き」が主人公の思う「好き」と同じである保障などどこにもないのだ! というわけで登場したのが「共感度」。病んでる彼女とどこまでシンクロしたかを示すパラメータだ。アナタはこの「共感度」を睨みつつ、ヤンデレ娘たちの心の迷宮を探索していくことになる。また、病んでる人間は何が“地雷”になるか分らない。もし彼女たちの“地雷”を誤って踏んでしまった場合、「ヤンデレクラッシュ」が発生。問答無用でバッドエンド直行となる。そのためにも「共感度」を高める努力をし、相手を理解することが重要となる。このようにヤンデレ娘の心の迷宮の探索は難航を極めるため、この作品ではさまざまな配慮がなされている。まず、エンディング時に視点の切り替えが起こるシナリオを多数用意。彼女たちの意味不明な電波的行動の原因を知ることができる。また、通過したルートをチャートで確認できるので、袋小路に入り込むこともない。まさにプレイ・ストレスでプレイヤーが病んでしまわないために配慮である。

キャラクター紹介

鴨井由真 (CV:逢川奈々)
【家事万能な幼馴染みはモンスター?】
良太の家でその家事の腕をふるう家事万能な良太の幼馴染み。
付き合いは一番古く、幼稚園以来一緒である。
少し無愛想で、突拍子も無い所があるが、基本的に良太と誠には甘い。

■ヤンデレ設定
ヤンデレとしては典型的なモンスタータイプのヤンデレ。
対象のことが好きで好きでしょうがない、だから、過剰な行動を取りがち。
ただ、長い長い時間その状態で居た為、もはやその状態がデフォルトであり、
彼女にとっては病んでいる状態こそが常態なのだ。
城田美紀 (CV:Ageha)
【明るい場所は苦手。日光は嫌い。人はもっと嫌です。】
先天性で疾患したアルビノの少女。その為か、初夏だというのに常に長袖を着ている。
人との触れ合いを極端に嫌い、人の居ない場所を良く好む。
また、その体質故か日光が苦手であり、常に日陰に居ると言っても過言ではない。

■ヤンデレ設定
ヤンデレとしては典型的な人を遠ざけるたがるタイプ。ツンデレが極度に高まったケース。
その心の奥底には自身のアルビノへのコンプレックスと、他人から裏切られる恐怖が常に付きまとっている。
裏切られたくないから、裏切られないように傷つける。二律背信的なキャラ。
神代裕子 (CV:五十嵐ナナコ)
【部活の先輩はお嬢様? いつもニコニコ笑ってる。】
神代食品という会社のご令嬢。何気にお嬢様であるが、本人はジャンクフードなどを好んで食べている。
いつも穏やかで、常に笑っているという印象が強く、良太にとっては心のオアシス的存在。

■ヤンデレ設定
ヤンデレとしては一見大人しいタイプ。直接的な行動が起こらなければ、ただの一般人である。
ただ、相手と結ばれ、相手が自分のことを見てくれないと病み始める。
相手の注意を引くために何でもしてしまう自損亜種タイプ。
また、実家がかなりの規模の会社である、と言うことから学園内でも浮いた存在として扱われている。
そう言った状況が生み出した結果が、一種の甘えとなり、行きすぎて病んでしまう。
畠静子 (CV:星野もえる)
【女神のような先生は、彼から見れば、なんかヘビー】
良太・由真・誠のクラスの担任。若くて、溌剌としてることからも学園では人気が高い。
思ったことはストレートパンチの様に言ったり、また罰則が非常に子供じみていながらも与えられる
威圧感は他の教師の比では無い、という事にはクラスの誰もが首を縦に振るとか。

■ヤンデレ設定
「君はやれば出来る子だよ」……と言われて血のにじむような努力をした過去がある。
その結果「できなかった」ため、それがトラウマとなる。後の努力でその失敗は挽回する。
しかし、その為に「やれば出来る、出来ない子はやってない」という間違った観念を持ってしまい、
「出来ない=努力不足」、ならば努力が到達するまでやらせる、という歪んだ精神構造となったヤンデレ。
相田誠 (CV:榎津まお)
【一部の人間が先走るくらい女顔の男の子】
顔で有名でもある主人公の親友。明るく陽気で、いつも笑ってる事が多い。
また、食欲が旺盛であり、その体からは考えられないほどよく食べる。
幼馴染み三人の中でもムードメーカー的な存在であり、交友関係はかなり広い。

作品詳細情報

審査団体

倫理協会
ソフ倫
受理番号
0005092D

動作環境

必須 CPU
PentiumIII 500MHz
推奨 CPU
PentiumIII 800MHz
必須メモリ
128MB(XPは256MB以上)
推奨メモリ
256MB(XPは384MB以上)
必須解像度
800×600
必須色数
ハイカラー
推奨色数
フルカラー
音源
WAVEファイルが正常に再生可能なサウンドボード
DirectX
8.1b以上
備考
VRAM:4MB以上必須、8MB以上推奨

この作品のご購入

このブランドの作品一覧

最大半額!ZIONハロウィン先取りキャンペーン
 推しのラブより恋のラブ

カテゴリーメニュー

  • 価格帯からさがす
  • 〜1000円
  • 1000〜2000円
  • 2000円〜3000円
  • 3000〜4000円
  • 4000〜5000円
  • 5000円以上
  • 対応OSから探す
  • Windows7
  • Windows8
  • Windows10
  • Android
  • クリエイターから探す
  • 原画家一覧
  • シナリオ一覧
  • 音楽担当一覧
  • 声優一覧
    支払方法一覧

    メルマガ限定割引クーポンあり!