巫女喰イ〜魔手ノ黒箱〜 

アドベンチャー デモムービー
巫女喰イ〜魔手ノ黒箱〜 わるきゅ〜れ
カテゴリー
PCゲーム/低価格フロア
作品形式
アドベンチャー
ブランド
わるきゅ〜れ
ジャンル
アドベンチャー伝奇巫女さん異種姦巨乳・爆乳触手辱め羞恥・恥辱玩具責め中出し腹ボテ孕ませ拘束・緊縛異種かん
作品テーマ
巫女侵蝕ADV
原画家
泉水いこ
シナリオ
朝凪軽
声優
ひむろゆり姫川あいり手塚りょうこ本城亜夜ヒマリ御苑生メイ
ボイス
あり(女性のみフルボイス)
ファイルサイズ
618 MB
配信開始日
2014年04月25日

神職×神喰×侵蝕! 黒触手を操り、五人の巫女を喰らい尽くせ!! 神をも穢す復讐劇が始まる――!

サンプル画像

あらすじ

とある事件で感情と記憶を失った榛名秋隆(はるな あきたか)は、家族から見離され、施設で孤独な一人暮らしをしていた。
毎晩、見知らぬ少女が血塗れで死ぬという夢を見る秋隆。夢を見る度に、何か大事なことを忘れているような気がするが、その事を思い出そうとするたびに強烈な頭痛に襲われる日々を過ごしていた。

そんなある日、秋隆は街で褐色肌の巫女に声を掛けられる。その姿を見て強烈な頭痛に襲われ、気を失ってしまう。気がついた時、秋隆は大きな鳥居がある村を一望出来る高台にいた。その高台で街で見かけた褐色肌に巫女服という、アンバランスな格好をした女性、ナタリアに介抱されていた。
秋隆はわけの分からない状況に混乱するが、何故か村には見覚えがあるような気がしていた。
自分の中に湧きあがる感覚に悶々とする秋隆。ナタリアはそんな秋隆に「付いて来いです」と言い、高台を下りて村へと向かう。

ナタリアに連れられて辿りついたのは、村人達が『穢れた場所』だと言って近づこうとしない、村の外れの大屋敷だった。
辺境な村には似つかわしくない巨大な牢獄のような建物。建物の中に入ると、奇妙な祭壇と棺があり、その棺の中には秋隆の夢の中で何度も殺されていたのと、そっくりな少女が横たわっていた。

「この女の子はあの夢の……」と戸惑うながら棺に近寄る秋隆。

すると、横たわっている少女の体から、陽炎のような靄が立ち上り、半透明の少女が幽霊のように目の前に立ち現れた。混乱する秋隆に対し少女は祭壇を指差し『そこに箱がある。その箱を開ければ、全ての疑問は解ける』と告げる。

言われた通りに箱を開けると、箱から黒いなにかが溢れ出し、秋隆へと纏わりつく。口や鼻から黒いなにかは秋隆の中へと侵入する。

次の瞬間、彼の目の前には白昼夢のように、ハッキリとした過去の映像が映し出されていくのだった。
過去の映像から記憶を取り戻し、目の前に横たわる少女、綾咲 椿(あやさき つばき)の存在を思い出す。
他にも、椿と恋仲になり、子供が作れるという箱を用いて『魔児(まご)』と呼ばれる子供を作ろうとしたこと。
作り出そうとしていた魔児は夕凪 菫(ゆうなぎ・すみれ)という女性の手によって邪魔をされ、箱に入った状態のまま破壊されたこと。
破壊された箱から暴走した魔児が現れ、とある屋敷を破壊し、大きな火災を招いたこと。
そして、菫が屋敷を破壊した責任を秋隆に押し付け、事件の犯人として扱われた挙句、菫や村人達によって村から追放された事などが思い出された。

菫や村に対して怒りという感情が、秋隆に蘇ってくる。

椿は秋隆に『菫に私たちが造った魔児を奪われ、私は体の感覚を全て失い、身動きも出来ない体になった。元に戻るために、魔児を取り戻して欲しい』と懇願する。
椿の説明によると、村に住む巫女や菫の体中に、バラバラにされた椿の魔児が存在しているらしい。

菫をはじめ、魔児を宿している巫女を探し出して凌辱し、心を穢して壊した上で、秋隆の精を体内に与えると、宿主である人物から奪うことができると椿はいう。
そして奪った魔児を椿へと戻せば、椿は元に戻ることができるということだった。
秋隆は椿を蘇らせる為、全ての元凶である菫への復讐のために動き出す。

作品概要

【セールスポイントとゲームコンセプト】
魔の力を手に入れ、黒い感情に支配された主人公が、その力を使って巫女を凌辱し、巫女達の心と体を侵蝕!
穢し、壊され、快楽地獄へと堕ちていくという、濃厚なエロシーン&CG描写!

神聖な巫女を神具を使って犯し、魔の力によって産まれた黒い触手で拘束しながら襲い、巫女の体のあらゆる箇所を嬲りぬく、圧倒的な凌辱描写、触手描写に注目!

ダーク系ヒロインとライト系ヒロインという、ダブルヒロインが登場!
主人公に好意を寄せる二人のヒロインが、主人公を巡る鞘当てとなり、記憶を失った主人公が自分の本当の記憶を取り戻すという、謎めいたストーリー展開にも期待せよ!

今宵、贄《にえ》となる巫女は誰だ!?

【みどころ】
◆自身の復讐と一人の少女のために、手にした魔の力を操り巫女を襲う、巫女陵辱ミステリアスアドベンチャー!

◆記憶を無くした秋隆が幼馴染であった椿と再会し、『魔児』と呼ばれる力を手に入れて記憶を取り戻し、 本能の赴くままに、次々と巫女を襲っていく! しかし、巫女を襲う中で、自身が取り戻した記憶が真実かどうかに悩む秋隆。

『巫女たちは秋隆を騙そうとしているわ。絶対に耳を貸さないでね』
『お兄ちゃん。まだ思い出してくれないの?』

己の中で徐々に強大になっていく魔の力に蝕まれそうな精神状況の中で、何が真実で、何が偽りなのか……それを決めるのはプレイヤー次第! そして、その先に見えるのは、希望か、絶望か……!? 衝撃の結末をしかと見届けよッ!!

◆エロ発信基地『わるきゅ〜れ』がこだわった今までとは異なる独特の触手描写が満載! 物語が進むにつれて秋隆が操る触手の描写が千変万化していくッ! 純潔無垢な巫女に這いより、まとわりつき、こびりつき、 穴という穴から侵蝕していく触手をその眼に焼き付けろッ!

◆触手拘束凌辱! 魔触手二人四穴同時責め! 触手侵蝕窒息プレイ!触手輪姦!触手侵蝕地獄!巨大魔触手釣鐘責め! 魔触手による超絶極限責め! さらには感覚までもを快感絶頂侵蝕させ、全ての巫女を喰らい尽くせッ!

◆神罰なんぞクソ喰らえッ! 巫女の清楚な仮面を剥ぎ、淫らで浅ましくヨガリ顔を晒すメスへと変貌させろッ!!

◆まさに汁と肉の狂宴! チンポと触手に、身体のみならず心までも蝕まれ、犯され、喘ぎ絶頂する巫女の姿が 高クオリティ画像&ナチュラルモザイクによって淫猥淫辣に!

用語解説

▼産神箱の儀(うぶかみばこのぎ)について

神を産み、あらゆる望みが叶うと伝えられている、密教的儀式。
子供を産めない体になったため、尼となった女性が、
子供が欲しいという欲望が捨てきれず作り出したと言われている。

産神箱の儀というのは、『神の子』を産み出すことができると言われる儀式で、
『産神箱』(うぶかみばこ)と呼ばれる特殊な箱を作り、
その中に男と女の血を捧げると、それを母胎として胎児が産まれる。
胎児は男と女の精と性、そして人の願い
(慈愛、憤怒、色欲、嫉妬などの感情)を吸収して成長していく。

胎児の時は定まった体を持たず、
黒土(くろつち)と呼ばれる真っ黒なゾル状物体で、
まだ神の子としての大きな超常の力を持っていない。
成長するために人の精を欲して、箱から出て人の身体の中に入り、
宿った者から精を奪うなどして、神の子として成長しようとする。

胎児は成長するのに必要な精を奪うため、
自分の身体を使って人を拘束しその中に侵入する力や、
人を欲望に惑わす程度の弱い超常の力を持っている。
宿主が力に耐え切れなくなったり、精神が壊れてしまうと、
胎児はその宿主から離れていく。


▼魔児(まご)について

箱から溢れ出た黒い水(黒土)は人の体内に入り、
人間の願いを増幅させ、その願いを吸収することによって成長する。

それぞれの人間にある隠れた願望を増幅させてしまうため、
基本的には性欲や他人に対する怒りという欲望ばかりが大きくなっていく。
人の邪悪な心で育った黒土のことを『魔児』と言い、
主人公の秋隆に憑いたものは椿の作った魔児です。

魔児に憑かれた秋隆は性欲、そしていままで虐げられてきたことへの反動で、
他者への加虐衝動という欲望が爆発した状態になる。

キャラクター紹介

綾咲 椿(あやさき・つばき)(CV:ひむろゆり)
【恋仲だった仮死状態の幼馴染】
身長:156 バスト:82

『魔児』を生み出す為の『依り代』として菫の手で集められた子供の一人。
何処からか連れてこられた孤児。
集められた子供達の中で唯一不思議な力を持っていた。
子供のころから現在に至るまで、どちらかというと尊大な口調で、
あまり周りのことを考えない発言をする。
そのため、千歳以外の周囲の人物からは少し距離を置かれていた。

ある日、屋敷に迷い込んできた秋隆と恋仲となり、
秋隆の間に子供ができれば秋隆を独り占めできると考え、
書物で読んだ子供が作れるという箱を作り、子供を産み出す儀式を秋隆と行う。
しかし儀式で産まれたのは黒い魔障の子供、魔児(まご)だった。
さらに儀式が失敗したことにより、魔児は暴走。
屋敷を燃やし、村人を死なせるという惨事を引き起こす。
その惨事の際、椿は五感全てを失い、植物人間の状態となる。
村の神主の菫の陰謀により、村では表向きは死んだという事にされ、
村の外れの元屋敷にて監禁生活を送ることとなる。

数年後、思念体として復活を遂げた椿は、壊れた箱に念を込め箱を直し、
菫によって奪われた力を取り戻し、元に戻る機会を待っていた。
そんなある日、思念体となった椿の元へナタリアに連れられ、秋隆が現れる。
椿は秋隆に箱を託し、魔児の欠片を、奪われた力を秋隆と共に取り戻そうとする。
東堂 千歳(とうどう・ちとせ)(CV:姫川あいり)
【秋隆に恋心を寄せる慈愛に満ちた巫女】
身長:158 バスト:85

清純派の巫女。
『魔児』を生み出す為の『依り代』として菫の手で集められた子供の一人。
非常に心優しく、面倒見も良い、明るい感じの女の子。
子供の頃、周りの人間から避けられていた椿と唯一仲良くしていた。

椿と一緒に仲良くなった秋隆に恋心を抱くが、秋隆にとっては妹的な存在だった。
秋隆と椿が恋仲になった為、椿に嫉妬するようになる。

過去の事件の後、惨事を忘れるためか、
巫女として献身的に働き、村人からも愛される巫女として成長する。
神社を切り盛りする立場と忙しく働いていたある日、
村から追放されたはずの秋隆と再会する。
突然の再会に喜ぶ千歳だが、秋隆は千歳を避けるように逃げ出す。
秋隆の不審な態度に戸惑いながらも、
いまだ秋隆への強い恋心を抱いていた千歳は、
その思いを叶えるため、秋隆を探し始める。
香椎 凛(かしい・りん)(CV:本城亜夜)
【明るく元気な誇り高き巫女】
身長:165 バスト:91

刀を携帯する巫女。
菫によって村人の中から選ばれた。
性格は清く正しい、明るい体育会系の元気っ娘。
自分は神聖な神社に使える巫女であるということに誇りを持ち過ぎており、
少しプライドが高いような勘違い発言をしたりする。

村の警備を自主的に担当しており、よく神社や村の中を徘徊し、
神社に対する奉仕活動を怠ける村人などには口やかましく説教をするので、
村人からは少し煙たがられている。
神の子である向日葵と神主の菫を信仰しており、それが絶対のものだと信じている。
ナタリア(なたりあ)(CV:手塚りょうこ)
【褐色肌の異国人巫女】
身長:170 バスト:96

褐色肌の巫女。
神主の菫がどこからか村へと連れてきた、
多少間違った日本語を喋る異国人。国籍は不明。
少しぶっきらぼうな感じで、なにを考えているのか
わからない態度を常にとる。
喋るときは丁寧口調だが、なにかしら間違った使い方をする。

村人からは異国人という事で奇異の目を向けられ、
巫女だが常に神主様の雑用をしてる変人として扱われており、
村人からは距離を置かれている。
『魔児』を生み出す為の『依り代』として集められた
子供達の世話係りをしていた。
幼い頃、屋敷に忍び込んでいた秋隆のことを知っている。
魔児の事件後、現在は植物人間のような状態の椿の
世話をしているので、椿が生きている事を知っている。
思念体として復活した椿に、菫に嫌気がさしているので
協力すると言い、秋隆を村へと連れてきた。
朝凪 向日葵(あさなぎ・ひまわり)(CV:ヒマリ)
【神の子として村人に崇められる巫女】
身長:149 バスト:74

『神の子』として村で崇められている巫女。
菫より氏神様の宿る『神の子』として選ばれ、
村人たちから生き神様として信仰される対象となっている。
性格は他人を疑うことを知らないというほど純粋無垢で明るい女の子。

その性格から崇められる存在といえど、
村人達にとって遠い存在というわけではなく、
老若男女から愛され、慕われている。
純粋に村の為、母のような存在である菫の為に、
『神の子』としての役割を毎日頑張っている。
夕凪 菫(ゆうなぎ すみれ)(CV:御苑生メイ)
【村を支配する冷酷非情な神主】
身長:171 バスト:99

全て発端で産神箱の儀(うぶかみばこのぎ)を知り、
完全な魔児を作り出すという野望のため、村を支配する神主。
椿の魔児を宿している人物の一人。
冷酷非情な性格で、他者を支配したり、操ったり、
絶望させることに喜びを得るSな謎多き魔性の女。

作品詳細情報

審査団体

倫理協会
CSA

動作環境

必須 CPU
MMXPentium4 1.0GHz以上
推奨 CPU
Pentium4 1.4GHz
必須メモリ
256MB
推奨メモリ
512MB以
必須HDD
1.0GB以上
必須解像度
800×600
必須色数
ハイカラー以上
音源
PCM
DirectX
DirectX8.0以降必須

この作品のご購入

このブランドの作品一覧

全品半額!2021年秋の夜長WINTERSキャンペーン

カテゴリーメニュー

  • 価格帯からさがす
  • 〜1000円
  • 1000〜2000円
  • 2000円〜3000円
  • 3000〜4000円
  • 対応OSから探す
  • Windows7
  • Windows8
  • Windows10
  • Android
  • クリエイターから探す
  • 原画家一覧
  • シナリオ一覧
  • 音楽担当一覧
  • 声優一覧
    支払方法一覧