虜囚 -RYOSYU- 

アドベンチャー レビューあり
虜囚 -RYOSYU- 暗黒劇場
カテゴリー
PCゲーム/低価格フロア
作品形式
アドベンチャー
ブランド
暗黒劇場
ジャンル
SMアナルセックスインモラルオナニー手コキ処女喪失羞恥・恥辱放尿アドベンチャー
原画家
広崎悠意
シナリオ
広崎悠意
声優
青井美海来栖空良
ボイス
女性のみフルボイス
ファイルサイズ
251 MB
配信開始日
2010年05月12日
サポート情報
オフィシャルHP:http://masterup.net/ankoku/

“広崎悠意”原画、シナリオで贈るAVGが“暗黒劇場”から登場! 生きることに悲観し、自殺を覚悟した二人の男女の調教という名の奇妙な交流を描いた凌辱調教育成SLG!!

サンプル画像

あらすじ

事業に失敗し、恋人にも逃げられ、失意のどん底にいる小野寺秀一(主人公/名前変更可能)は、生きていることが苦痛となり、自殺を決意する。これで楽になれる――、そう思い踏切の前に立った秀一だったが、見知らぬ女に声をかけられ、現実に引き戻される。その女は、何を思ったのか、いきなり秀一に取り引きを持ちかけた。それは一人の少女を性奴隷に調教してくれれば「楽に死ねる薬」を渡す、というものだった。訳も解らないまま女の依頼を引き受けた秀一は、人里離れた山荘へと赴く。山荘には調教対象となる少女が待っていた。彼女自身も秀一と同じ自殺願望を持っているが、調教されることを受け入れているとは思えなかった。そして始まる自殺願望者二人の調教という名の奇妙な交流が……。

作品概要

あの名作調教SLG『』(D.O.)を生み出した“広崎悠意”原画、シナリオで贈る、ヤリ応え十分の凌辱調教育成SLGが登場だ。生きることに悲観し、自殺を覚悟した二人の男女が人里離れた山荘で出会う。一方は調教する側(=男/主人公)として、もう一方は調教される側(=女/ヒロイン)として……。処女強奪、手コキ、フェラチオ、アナル責め……。女は男の肉欲をぶつけるような荒々しい調教に最初は戸惑い、拒みながらも、次第に快楽の虜になっていく。男はそんな女の反応に興奮し、さらにハードな調教を試みる。はたして二人を待っているのは破滅か、それとも……!? 完全隔離の限定空間で過ごす背徳の二週間味わって貰いたい。

ゲームシステム

ゲームは選択肢タイプのシミュレーションゲーム。用意された調教項目から一つ選んで実行すると、それに因んだ調教(=エロス)シーンが表示される、といったお手軽簡単な操作で調教が楽しめる。体力、好感度、気力、理性など、様々なパラメータが絡み合ってヒロインの状態が幾重にも変化し、それが会話やグラフィックなどに反映され、調教対象者である少女が堕ちゆく過程をきめ細かに演出される。調教項目においても、自慰強要、浣腸、異物挿入、鞭打ち、放尿……、など20種以上にも及び、数多くの調教シチュエーションが用意され、自由度が高く、また奥深い、低価格とは思えないほど作り込まれた調教ゲームになっている。

キャラクター紹介

瑞樹詩織 (CV:青井美海)
主人公に調教される女子学生。
父親は教師をしており、学校では優等生的な存在で、性格も明るく、快活。
しかし、苛めに遭っていた友人を見捨てる言動をしてしまったことがきかっけとなって、友人は自殺。
罪の意識に苛まれ、精神的に追い込まれた彼女は自殺を考えるようになった。
山荘に連れて来られ、主人公に凌辱されるが、それも自分への罰と思い、受け入れ難い状況に耐え忍んでいる。
死を覚悟したためか、主人公に対してはっきりとした物言いをする。
木暮美央 (CV:来栖空良)
自殺を考えている主人公と詩織を山荘に連れてきた女性。
いつも含みのある笑みを浮かべ、主人公とのやり取りや言動において、何処か浮世離れしており、時としてユーモラスささえも感じさせる。
主人公に少女を調教するように依頼した理由は、その調教を記録させて、それを売るのが目的と話しているが、本当の理由は解らない。

作品詳細情報

サポート情報
オフィシャルHP:http://masterup.net/ankoku/

審査団体

倫理協会
ソフ倫
受理番号
0002756D

動作環境

必須 CPU
PentiumII 400MHz
推奨 CPU
PentiumIII 1GHz
必須メモリ
256MB
推奨メモリ
512MB
必須解像度
800×600
推奨解像度
1024×768
必須色数
ハイカラー
推奨色数
フルカラー
DirectX
7.0以上

この作品のご購入

ミンク25周年1
peassoft

カテゴリーメニュー

  • 体験版リスト
  • 値引きセール一覧
    低価格スカイスクレイパー左@
    低価格スカイスクレイパー左A